大家2年目の会

大家

真っ当にやるということ

当たり前のことを当たり前にすることが結果を出すことの最短の近道、であったりします。

結果、それがしんどいことであったりもしますが。

何かしら壁にぶつかったり、悩みが出るということは、まだ当たり前のことを当たり前に出来ていない状況です。

その場合、以下の3点のどれかが出来ていないことが考えられます。

  当たり前のことが出来ていない。(行動量が足りない)

  当たり前のことが当たり前のことと思えていない。(スキルが足りない)

  当たり前と思ってやっていることの方向性が違う。(目的をはき違えている。)

例えば、弊社には信頼できる客付けに強い管理会社さんがいらっしゃいます。

これは、セミナーの場では、さらっと信頼できる客付けに強い管理会社さんを見つけて仲間になってもらってください。

とお伝えしています。

何を普通のことを、と思われるかもしれませんが、まず、信頼できる客付けに強い管理会社を見つける為に多数の管理会社さんを回る必要があります。

そして、見つけたとして、初対面ではただの一見さんです。

信頼を得る為にいろいろとあの手この手と対策を練る必要もあります。

さらっと一言で言っても実現する為にはいろいろと努力が必要になります。

当たり前のことをするというのはそういうことです。

結果、しんどいのでテクニックに走ってしまい、ノウハウコレクターになったりするのですが。

大家2年目の会ではとくに特別なテクニックは存在しません。

真っ当にやるべきことを圧倒的努力量とスピードでやっていくだけです。

一度セミナーに来てみませんか?


木村 健⼀

木村 健⼀ | 講師

1978年9月⼤阪⽣まれ。ソフトウェア開発会社で17 年間エンジニアとして従事。兼ねてより夢だったマイホーム購⼊から5年後、単身赴任によるダブル生活で家計が圧迫。苦渋の生活が続く中、大家業による不労所得の存在を知り勉強を開始。その頃に武智と出会う。武智の思いや展望に魅了され、即決で不動産⼤家業を開始。今は自身と同じような境遇の⼈に、明るい道を作ることが出来ると確信している。

執筆者の記事一覧

このページのトップへ戻る

メニュー