大家2年目の会

大家

不動産の修繕を行う時に意識すること

今回、修繕に関わる業者さんとお話をさせて頂き、プロの方の打ち合わせ内容をじかに聞く機会がありました。
今までは、個人宅では修繕やらには立ち会ってお話を伺うということもありましたが、不動産大家業を始めてからは初めてです。

もちろん、修繕なので問題のある場所を元の状態にもっていくのですが、そこで話は終わらず、そこから、安全の面であったり、今後、長く使用していく上ではどういった形に落ち着かせるのが良いのか、現場を確認しつつしっかりとみられていました。
やはり不動産を扱う際には、経年で劣化していくことを意識して進める必要があるのだなと。
きっと個人宅での修繕でも業者さんは同じことを言っていたのだろうなと思いつつも、私自身は適当な感じで「お願いします。」とか「お任せします。」とか答えてしまっていたのだろうなと今更ながらに反省です。

きっとこういう修繕、リフォームされる業者さんのノウハウは、ただ元の状態に戻す、要求された部屋に作り替えるということに対するものではなく、どういった作りにすると経年劣化が抑えやすくなるとか、問題が起きにくいとか、そういった点なのだなと。

ただ単に施工費用が安いから等で値段だけで業者さんを選ぶのではなく、お金を払ってでもやってもらいたいサービスがある業者さんを選ばないと、結果、修繕に支払うお金のトータルは増えてしまうのかもしれません。

我々不動産大家業を営んでいくにあたっても、今、この瞬間、だけを見るのではなく不動産の経年劣化に対応する為にどうするか、ということも行動する際の一つのキーワードとして意識し続けなければいけませんね。


木村 健⼀

木村 健⼀ | 講師

1978年9月⼤阪⽣まれ。ソフトウェア開発会社で17 年間エンジニアとして従事。兼ねてより夢だったマイホーム購⼊から5年後、単身赴任によるダブル生活で家計が圧迫。苦渋の生活が続く中、大家業による不労所得の存在を知り勉強を開始。その頃に武智と出会う。武智の思いや展望に魅了され、即決で不動産⼤家業を開始。今は自身と同じような境遇の⼈に、明るい道を作ることが出来ると確信している。

執筆者の記事一覧

このページのトップへ戻る

メニュー