大家2年目の会

大家

賢くなりすぎていませんか?

人間は成長をしなければいけない、と心のどこかではわかっているはず。
特に大家2年目の会のメンバーは今のままじゃ、本当に経済的にもやばいはずだ、といろいろ将来像を描いて、そのための対策として入会している人が多いと思います。入会するというのは正しい行動だと私たちは実践してきて、うまくいくのでメンバーを募っています。

入会して、勉強し、何度もブログでも書いていますが、クワドラントチェンジをまずは一生懸命取り組むこと。クワドラントチェンジは、決意をして、仲間を募って、うまくいかないことばかりなんだけど、とにかくやりきること。そうするとうまくいきます。

うまくいかない人は、自分に自信がなかったり(すなわち決意をしていない)、人のいいところばかり見てあこがれていたりするだけだったり、誰かに自分のアイデアをとられたと思って妬んだり、何かをやってすぐに失敗してあきらめたり、そもそも思考が浅くて楽にうまくいくと思ってたり、します。

決意、自責、責任感、着想、努力、執念、不退転、影響を与える、行動、反省、笑顔、快活、素直、などこういうワードを常に自分に身につけている人は強いですね。一緒にいて楽しいし、何より元気が出る、力がみなぎってくる、ワクワクする。

みんな子供のころはそういう存在だったと思うんですよね。子供のころは。いつしか賢くなって、賢くなくなったんだと思います。大人は。
一度童心に帰り、思いっきり、目標を掲げて恥ずかしいかもしれないけれど、他人に目標を宣言してみてはいかがですか?日曜参観で私の夢、見たいな感想文を読んでいる、子供みたいに。

夢は叶えるために見るもので、叶わないことを想像するものではないのだから。


武智 剛

武智 剛 | JUSETZマーケティング株式会社 代表取締役

1980年7月大阪生まれ。茨木高等学校、神戸大学経営学部卒業。大学在学中には株式投資を実践するも自分には不向きと判断。経営学を学ぶ中で、営業は一生モノのスキルになると感じ、某大手住宅資材メーカーの営業マンの道に。営業に没頭する日々の中、資産家の方から投資用不動産の建築の仕事を大量に受注し、リーマンショックの乗り切り方も目の前で体験。それ以来不動産投資の魅力を忘れられず、独立。独立後2年で家賃収入約3000万円、3年半で1億円を達成。この経験と実績に基づき、同じような思いを持つ30代から50代のサラリーマンを不動産オーナーに育てることに情熱を注いでいる。

執筆者の記事一覧

このページのトップへ戻る

メニュー