大家2年目の会

大家

心に響いたこと

Iゾーンの方からお伺いした、私の心に響いたこと、その2。
仕事は極力仲間内で実行する、ということが大事だ、ということ。

どんな仕事をするかは自分が決めたり、環境や役割が決めたりはするだろうけれど、そういうことは絶対自分だけの力である程度は成し遂げれるんだ。だけど、稼ぐんじゃなくて儲ける、ということにフォーカスを置くなら、お金を循環させなければいけないんだけれど、そういうことをしようとすると、仲間、すなわち誰と仕事をするか、ということが最も大事になってくる。何をするかよりも、誰と仕事をするか、が大事だよ。身分とかそういうことではなくてね。何をするか、なら迷わず不動産にしときなさい。すべてのビジネスは不動産の上に成り立ち、不動産は個別・専門的な知識が必要になりますので、取り組み甲斐も難しさもあるけど、結局は不動産はインフレしかしないから。

大家2年目の会では、たまたまですが、不動産をベースとした仕事創りをしています。
私の考え方ではすべての負債は、結局不動産に帰着する、というのが、財務バランスからみた私の考え方。そのうえで、より有利に不動産経営をしようとたくさんのことに取り組んでいますが、それはあくまで手段であった、ということ。それよりも大事なのは、誰と仕事をするか、であって、いま私は大家2年目の会のメンバーたちとたくさんの仕事をしています。一緒にいる時間が長い人ほど、どんどん加速度的に成長していくのがよくわかるし、私自身にもひらめきや、感動を与えてくれたりします。
もちろんお金もいろいろと動きますが、それは循環経済になり、お互いではそんなに儲けれはしないけれど、仲間内から出た時の、外販時の収益が半端ない利益になりそうです。さらに、競合が居ないといえるくらいの、仕組みがどんどんできそうで、めちゃくちゃ楽しい。決して自分たちが得意なことをしているわけではないのですが、一生懸命目の前のタスクをいっぱいやってます。

信用できて、好きな人と仕事ができる、このチャンスは本当に稀有なことだと思いますが、楽しんでいたらそういうことって発生しやすいんだと思います。

Iゾーンの方も仲間に恵まれた、とおっしゃっていましたが、きっと思いっきり命を削っていきてきたに違いありません。言葉の貫禄が、すごかったです。


武智 剛

武智 剛 | JUSETZマーケティング株式会社 代表取締役

1980年7月大阪生まれ。茨木高等学校、神戸大学経営学部卒業。大学在学中には株式投資を実践するも自分には不向きと判断。経営学を学ぶ中で、営業は一生モノのスキルになると感じ、某大手住宅資材メーカーの営業マンの道に。営業に没頭する日々の中、資産家の方から投資用不動産の建築の仕事を大量に受注し、リーマンショックの乗り切り方も目の前で体験。それ以来不動産投資の魅力を忘れられず、独立。独立後2年で家賃収入約3000万円、3年半で1億円を達成。この経験と実績に基づき、同じような思いを持つ30代から50代のサラリーマンを不動産オーナーに育てることに情熱を注いでいる。

執筆者の記事一覧

このページのトップへ戻る

メニュー