大家2年目の会

大家

関西コレクションに行ってきました

関西コレクションに行ってきましたが、正直私はこういうイベントごとに興味がございません。
でも行ってきたのは仕事の関係上で行ってきました。かなりのビッグなビジネスになると読んでいっています。

モデル事業とか、芸能界とかに直結するような、ある種憧れのある種虚業の、よくわからないことに私はほぼほぼ興味がなくて、行っては来ましたが、やっぱり全然ワクワクしないわけです。きれいなモデルさんがランウェイをしているけれども、そういう華々しい人にあこがれるよりも、そういう華々しくなっていきそうな、原石のほうを見つけるほうがワクワクするわけで、観客として来ていた女性のほうに単純に興味を持っていたりします。私がスカウティングをしないといけないとするなら、こういう場で声を掛けますね。

とまぁ私の主観は置いておいて、そういう場でも、私の狙い通りの事業家がたくさんいらっしゃりまして、やはり金言を授けてくれるわけです。彼らもイベントきっと興味ないんだろうな。私としゃべってるほうが、藤田ニコルが手を振っているより、DAPUMPが盛り上げているよりも、興味を持ってくれるわけで、ディスコみたいにうるさい会場ですが、私との話に集中してくれる。ありがたい。
そして彼らも私と同じように、イベントを絡めただけの違うビジネスを構築しようとして、会場に来ていました。これが私とやろうとしていることをさらに洗練してやっていらっしゃる方もいるし、私と同じレベルの方もいらっしゃるし、私の後を追ってきているような方もいらっしゃり、本当に勉強になります。

概して、皆さんがキーワードでもっていることは、ワーカホリック、でしたね。彼らが見ているところは、日本ではなくて、もうアジアの諸外国に負けている日本からいかに世界へと展開していくのか、ということに行動と視座が向かっていました。私もご多分に漏れず一緒です。でもみんな不動産を持っているわけで、面白い。

これがどういう意味を成すのかはまた今秋の会員セミナーででもお話ししますね。
不動産事業に直結するようなことって多いですから。


武智 剛

武智 剛 | JUSETZマーケティング株式会社 代表取締役

1980年7月大阪生まれ。茨木高等学校、神戸大学経営学部卒業。大学在学中には株式投資を実践するも自分には不向きと判断。経営学を学ぶ中で、営業は一生モノのスキルになると感じ、某大手住宅資材メーカーの営業マンの道に。営業に没頭する日々の中、資産家の方から投資用不動産の建築の仕事を大量に受注し、リーマンショックの乗り切り方も目の前で体験。それ以来不動産投資の魅力を忘れられず、独立。独立後2年で家賃収入約3000万円、3年半で1億円を達成。この経験と実績に基づき、同じような思いを持つ30代から50代のサラリーマンを不動産オーナーに育てることに情熱を注いでいる。

執筆者の記事一覧

このページのトップへ戻る

メニュー