大家2年目の会

大家

不動産大家業にとっての豊穣の季節

9月になりました。

お盆以降体調を崩した影響もあり時間に余裕のない日々が続いています。そしてまた台風が来ています。今回のは本当に危ない気がしますが、気付いてしまいました、しばらく私の畑を放置してしまっていることに!

この季節、収穫できるのはナス・トマト・オクラぐらいが代表ですが、私の畑のトマトはいつぞやの長雨で全滅し、残るはナス・オクラぐらい。ナスもオクラも木に成るのですが、あまり多くの実を木に成らせてしまったままにすると風を受けて折れたり倒れたりしてしまいます。と言うわけで台風が来る前に、緊急収穫祭りに行ってきます。

思い返せば、まだ春が来る前に種を蒔き、苗を育てた作物が今やたくさんの実を付けている…そのはずなのに、途中の世話や、あげく収穫作業も追い付いていない現実。農とその他の仕事や用事が相まって、優先順位を上げて取り組めなかっただけのことですが、しかし『台風』という緊急事態に対して優先順位を上げて取組むと決めました。

さて、先月・今月とたくさんの方に無料セミナーに来ていただくことができました。その中でお話を伺うと、保有物件に退去が出て、しばらく空室のままになっている、対処すべきなのはわかっているけど、忙しくてあまり対策を打てていない…と言う方がいらっしゃいました。しかも一人ではなく複数の方が似たようなことをおっしゃっていました。それでよいのでしょうか?

そもそもどんな大きな目的があったとしても(特にサラリーマンの)多くの方は不動産投資を家賃収入(インカムゲイン)を得るためにされています。収入を得るために不動産を購入されている…はずなんです。しかし忙しいからと、空室を放置し、十分に物件の世話をせずに得られたであろう家賃収入を逃してしまっている現実があります。

私も畑を放置して、緊急事態になって慌てて動こうとしている点、あんまり人に言えた口ではないのですが…たくさん種を蒔くことは悪いことではないはず。しかし収穫できるタイミングではしっかりと収穫できるように、その前の段階から世話を続け豊穣の秋を迎えたいですね!あ、不動産は上手くやれば一年中豊穣の季節にすることができますよ!


このページのトップへ戻る

メニュー