大家2年目の会

大家

儲けを生み出すチカラ

定期セミナーで面白い提案がありましたね。感度の高い方はこれからすぐに着手されることかと思いますし、法律のお話もかなり聞いたし、勉強したと思います。これは経営者として非常に大事な要素が多分に含まれています。

経営者は儲けを出さないといけません。儲けとは顧客の感謝の証であり、他の誰かが提供していないからこその、差異性を世の中に生み出している、ということの表れなので、儲けが出ている、ということは誇るべきことです。儲けが出ていると、節税等の対策を打つ、というのはいいことですね。給与がいっぱいあるから不動産を購入して節税する、という行動は、私にとっては全く意味が不明な行動ではあります。がそれはそれで個人の主観にお任せします。

話が脱線しましたが、経営者は儲けを生み出す必要がある。
そのために何をしてもいいのか、というとそういうことではなくて、法律というものは必ず遵守しないといけないわけです。ですがこの法律というもの、かなり厄介で、民法を勉強したらいいのか、商法を勉強したらいいのか、というと、もう複雑怪奇に絡まっているわけで、正直素人じゃ読み解けません。読み解けないので、素人はどういう行動をとるのか、というと、誰かがやっていることをやる、という行動をとります。すなわち、ほかの誰かがやっていることをまねる、ということですね。まねをしてもいいんだけども、全く同じようにはやれなくて、表層的にまねてしまうので、失敗することがほとんど、だと思います。

まだまだ実践的な経験が不足しているのでこのことがどれだけみんなに浸透しているかはわかりませんが、失敗しないように頭脳の隅々を使う訓練をしましょう。世の中知的産業が最も大事な時代になってますよ。


武智 剛

武智 剛 | JUSETZマーケティング株式会社 代表取締役

1980年7月大阪生まれ。茨木高等学校、神戸大学経営学部卒業。大学在学中には株式投資を実践するも自分には不向きと判断。経営学を学ぶ中で、営業は一生モノのスキルになると感じ、某大手住宅資材メーカーの営業マンの道に。営業に没頭する日々の中、資産家の方から投資用不動産の建築の仕事を大量に受注し、リーマンショックの乗り切り方も目の前で体験。それ以来不動産投資の魅力を忘れられず、独立。独立後2年で家賃収入約3000万円、3年半で1億円を達成。この経験と実績に基づき、同じような思いを持つ30代から50代のサラリーマンを不動産オーナーに育てることに情熱を注いでいる。

執筆者の記事一覧

このページのトップへ戻る

メニュー