大家2年目の会

大家

不動産投資を行う上で必要なリスクコントロール

不動産投資を行う上で、あなたはリスクが発生した際にどこまでコントロールが出来ますか?
例えば、このリスクは発生しない、と思っていたとして、それでも実際に起きてしまったらどのように対処しますか?

なるべくなら問題は起きない方が良いですが、ほぼ確実に問題は発生します。
不動産投資の場合、問題が発生する事は当たり前なので、抑える努力は必要ですが、起きた後の対処の仕方も重要です。

この辺り、これから不動産投資を始められる方は意識なさった方が良いかと思います。
不動産投資は不動産を買う前よりも買った後に問題が発生するからです。

これから不動産投資を始めようとされる方は問題が発生する前に感じる今の自分の不安点が解消されず、なかなか最初の一歩が出ないのでは無いですか?
そしてエイヤっと始めた方は、実際に問題が起きてしまった後、対応について、分からないまま、なんとか進めようとされていたりしませんか?
手っ取り早く不安や問題に対処するのであれば、その不安、問題を経験した事のある方に相談するのが早いかと思います。

そうなると、自分となるべく似た進め方をされている少し先の先輩に聞く、もしくはすでに自分の想定する目標に到達しているメンターに聞く。
ただ、メンターの人にとってはすごい過去の話をほじくり返す事になるので、もう覚えていないという可能性もあります。
その場合、やはり近い過去に経験しているであろう先輩がいるととても心強いですね。

あなたには、そういう先輩やメンターがあなたにはいますか?


木村 健⼀

木村 健⼀ | 講師

1978年9月⼤阪⽣まれ。ソフトウェア開発会社で17 年間エンジニアとして従事。兼ねてより夢だったマイホーム購⼊から5年後、単身赴任によるダブル生活で家計が圧迫。苦渋の生活が続く中、大家業による不労所得の存在を知り勉強を開始。その頃に武智と出会う。武智の思いや展望に魅了され、即決で不動産⼤家業を開始。今は自身と同じような境遇の⼈に、明るい道を作ることが出来ると確信している。

執筆者の記事一覧

このページのトップへ戻る

メニュー