大家2年目の会

大家

不動産投資でとても大事なたった一つの条件

知り合いの会社さんが事務所を開設されました。

元々ご自宅の一角を事務所とされていたのですが、仕事の広がりに合わせて社員を増やす、パートナーを増やす為にも事務所を構えようと決意され、開設に至りました。

幸いにも通信環境の立ち上げや事務所備品の設置等、お手伝いさせて頂く中で開所祝いも兼ねて色々な方が事務所に訪問され、結果、仕事の話も2,3出てきたと仰っていました。

ここでも立地がものをいい、なるべくならば関係する人がアクセスしやすい箇所に開設するのが良いなと感じた所です。

仕事は、土地、不動産に集まるということを話されている方もいらっしゃいましたが、まさにその通りだなと感じた実例です。

事務所と比べるのは少し趣が違いますが、私自身、様々な思いで今の場所にマイホームを建てましたが、最近では自分でもアクセスがしにくいなと感じる様になってきました。

立地で悩むと本当に対策の仕方が引っ越す、ことしか選択肢がない為、現在とても難儀しております。

不動産投資も、マイホームも立地がとても大事なのは変わりません。

立地で問題が発生した際の難しさを考えると、もしかしたら他の問題はそれほど大きな問題でもないのかもしれません。

最近はそのように感じながら、生活に不動産投資に勤しんでおります。


木村 健⼀

木村 健⼀ | 講師

1978年9月⼤阪⽣まれ。ソフトウェア開発会社で17 年間エンジニアとして従事。兼ねてより夢だったマイホーム購⼊から5年後、単身赴任によるダブル生活で家計が圧迫。苦渋の生活が続く中、大家業による不労所得の存在を知り勉強を開始。その頃に武智と出会う。武智の思いや展望に魅了され、即決で不動産⼤家業を開始。今は自身と同じような境遇の⼈に、明るい道を作ることが出来ると確信している。

執筆者の記事一覧

このページのトップへ戻る

メニュー