大家2年目の会

大家

不動産投資を常に最新の情報に更新して進める

何かしら、行動し続けると言うことは、常に新しいことを学び続けなければいけません。不動産投資であれば、今は融資が受けにくい状況であり、その状況でも進める為にどうやるべきか、であったり、不動産価格高騰している状況において、どの様に収益を上げるべきか、など、セミナー、研修で学ぶことが多いです。

学んだら、その通り真似しながら実践していく必要があります。

因みに、、、

真似るの語源は学ぶであると言われています。

という事は、学ぶ為に、まず真似なければいけません。

真似る、ということは他のことは一切しないという事です。ここで違うことを足すということは学びにはなりません。

大体の場合、真似しつつ、自分流を出すことにより、失敗して原理原則を学ぶことになります。

あ、あの手順はこういう失敗を回避するためのものだったんだなと。それが理解できたら、原理原則、抑えるべきところを抑えた上で自由に自分流にアレンジしていく。

何度も言いますが、不動産投資であっても同じです。抑えるべき場所をまずは抑えにいく。

それをしないで目先の利益を追い求めるから問題が発生し、パニックになるのです。

簡単お気軽に結果の出る形ではなく、大変ですけどじっくり時間をかけて進める方が、結果、不動産投資は失敗しにくい形になるのです。


木村 健⼀

木村 健⼀ | 講師

1978年9月⼤阪⽣まれ。ソフトウェア開発会社で17 年間エンジニアとして従事。兼ねてより夢だったマイホーム購⼊から5年後、単身赴任によるダブル生活で家計が圧迫。苦渋の生活が続く中、大家業による不労所得の存在を知り勉強を開始。その頃に武智と出会う。武智の思いや展望に魅了され、即決で不動産⼤家業を開始。今は自身と同じような境遇の⼈に、明るい道を作ることが出来ると確信している。

執筆者の記事一覧

このページのトップへ戻る

メニュー