大家2年目の会

大家

不動産投資は一人でやるべきか、チームでやるべきか

サラリーマン大家さんには一人で一生懸命に勉強して努力して進めておられる方が多いように感じます。

今このブログをお読みの方は一人でやられていますか?それともご自身の組織、チームをお持ちですか?

我々は、セミナー開催の際には不動産投資は不動産大家業として、ビジネスとして進めるべきであると提案させて頂いております。

ビジネスをする上で個人で進められる仕事はどのくらいありますか?

狭い私の視野だけの話で恐縮ですが、一人だけで完結する仕事は無いと考えています。

であれば、不動産投資も一人で進めるよりも複数人でチームで進めた方が、より効率的に安定的に進めていけると思いませんか?

数字上、しっかりと収益も出ている、毎年の決算、確定申告でもしっかりと手元にお金が残っている。

にもかかわらず、不安が常に付きまとう。と言うのは、もしかしたら

 不動産屋さん

 不動産管理会社さん

 リフォーム会社さん

 金融機関さん

 等々

あくまで1業者として接していく形で進めていく上でなんとなくお金のやり取りのみで本当にご自身と同じ方向を向いているかが分からないから、

といったことはありませんか?

同じすすめるなら一人よりチームで、さらにチームで進めるとしてもあくまで金銭のやり取りのみでドライな関係よりもお互いに信頼しあった形で進める方が安心して進めることが出来るかと思います。

やはりそう考えると、不動産投資は一人よりはチームで、組織で取り組む方がより収益が上げやすいのではないかと思います。


木村 健⼀

木村 健⼀ | 講師

1978年9月⼤阪⽣まれ。ソフトウェア開発会社で17 年間エンジニアとして従事。兼ねてより夢だったマイホーム購⼊から5年後、単身赴任によるダブル生活で家計が圧迫。苦渋の生活が続く中、大家業による不労所得の存在を知り勉強を開始。その頃に武智と出会う。武智の思いや展望に魅了され、即決で不動産⼤家業を開始。今は自身と同じような境遇の⼈に、明るい道を作ることが出来ると確信している。

執筆者の記事一覧

このページのトップへ戻る

メニュー