大家2年目の会

大家

不動産投資における管理についての大事なこと

サラリーマン大家さんが不動産等を行うなら大家2年目の会

今、とあるお仕事にて福知山駅に来ております。
大阪でお仕事した後、夕方に福知山に入りました。

2時間近い乗車時間になるので、きっと通勤で利用する人も少なく、平日の夕方に大阪駅から乗って福知山まで行くのは正直自分くらいかなあと思っていました。
が、読みは全く外れましたね。

同じ車両に乗ってる中でも結構な人が福知山まで一緒になりました。
大阪始発で座ったまま福知山まで行ったのですが、隣に座った人も同じく福知山まで。

正直、こんな時間をかけて大阪まで出てくるのは…とも思ったのですが、よくよく考えると私自身、川西の奥まった所で暮らしておりますので大阪に出るのに1時間半ほどかかります。
そう考えるとプラス30分、しかも座ったままならそれもありなのかなとも感じました。

また、通ってる方達がしんどい思いをしながらなのかというと、学生さんの雰囲気ではそうでもない。楽しそうに会話しています。
会社員であろう方も座って本を読んでいらっしゃいます。

学生さんからすれば、しっかり会話できる時間が取れ、会社員の方からすればしっかりと読書の時間なり自分の時間が取れています。
そう考えるとなかなかに始発から終点の通勤、通学はしんどくもないのかなと感じます。
新たな価値観が得られたと共に、大家さんをやっているならば気をつけないといけないことだなぁと反省するひと時になりました。

どうしても物件を購入する時や入居者の事を考えて修繕、リフォームする時には基準を自分がそこに住むか?というような物差しで測ってしまいがちです。

これをやると、どうにも視野が狭くなり、対象が狭くなり、なかなか購入対象物件が見つからなかったり、入居付けに苦労することになります。

そうならないためには日頃から自分の物件はどういう人に好まれるのか、
どういう形にすれば好まれる形になるのか、
自分の視点、物差しだけではなく、相手の視点、物差しで考える必要があります。

この辺り、言うは易し行うは難しです。
ご自身でやるのも良いですが、折角ならこういう事をやり続けてきた、管理会社の方、プロの方にお願いした方が良いのかなという面もあります。

会員の方の中にはご自身でしっかりと実践された結果、お仕事としてホームステージングするところまでいかれた方もいらっしゃいます。
お話を伺うとかなりの確率で内見の際に成約に持っていけるとの事です。

やはり、物件の収益力を上げるならば、こういう対策が出来る人に自分がなるか、こういう対策が出来る人とチームを組むかしか選択肢は無いのかなと感じます。

お一人でやるならご自身でしっかり勉強しながら行動を。
どなたかにお願いするのであればしっかりと管理できる人を見極めて依頼していくのが大事です。
私は自分のセンスの無さを認識しておりますのでしっかり、会とお付き合いのある管理会社の方に依頼して対応していただいてます。

From:木村 健一
@福知山のスタバより


木村 健⼀

木村 健⼀ | 講師

1978年9月⼤阪⽣まれ。ソフトウェア開発会社で17 年間エンジニアとして従事。兼ねてより夢だったマイホーム購⼊から5年後、単身赴任によるダブル生活で家計が圧迫。苦渋の生活が続く中、大家業による不労所得の存在を知り勉強を開始。その頃に武智と出会う。武智の思いや展望に魅了され、即決で不動産⼤家業を開始。今は自身と同じような境遇の⼈に、明るい道を作ることが出来ると確信している。

執筆者の記事一覧

このページのトップへ戻る

メニュー