大家2年目の会

大家

良心の呵責

皆さん、仕事をする上で自分の利益になるけど、仕事仲間に迷惑がかかってしまうことってあるかと思います。

そういったとき、皆さんはどう行動されますか?
相手に迷惑をかけず、自分の利益を取れるのが一番最高だと思います。
しかしながら、こうすれば自分が楽になる…と思って安易に進めたことが時としてルールを逸脱してしまい、相手に迷惑をかけてしまうことがあります。

そんな気はなかったのに…と言っても指摘されたときはもう遅いです。
一度そういう人だと思われてしまうと払拭は容易ではありません。

そうなると仕事仲間がどんどん減っていってしまいます。

これって、不動産大家業でも同じですよね。

ちょっとしたこと、少しずつではありますが、相手に迷惑をかけ続けていると、リフォーム業者、不動産管理業者等から敬遠されてしまいます。

不動産大家業で協力業者が助けてくれなくなった場合、どうなるかは簡単に想像できますよね?

やはり自分の幸せを得る為に誰かを不幸にするよりもみんながハッピーなほうがいい。
常日頃より如何にすれば周囲を幸せにできるかを考えて行動すると物事はうまく進むと私は思うのです。


木村 健⼀

木村 健⼀ | 講師

1978年9月⼤阪⽣まれ。ソフトウェア開発会社で17 年間エンジニアとして従事。兼ねてより夢だったマイホーム購⼊から5年後、単身赴任によるダブル生活で家計が圧迫。苦渋の生活が続く中、大家業による不労所得の存在を知り勉強を開始。その頃に武智と出会う。武智の思いや展望に魅了され、即決で不動産⼤家業を開始。今は自身と同じような境遇の⼈に、明るい道を作ることが出来ると確信している。

執筆者の記事一覧

このページのトップへ戻る

メニュー