大家2年目の会

失敗

不動産屋さんになりたくない不動産屋

ブログを書き連ねてきてよかったです。

最近、同じ不動産を扱っている業者さんから、どんどん無料メルマガの登録が始まりだしました。きっと競合調査の意味合いで登録してくださっているのでしょうけれど大家2年目の会のブログをみればみるほど、どんどん不動産投資家らは外れているように見えると思います。それもそのはず、弊社は不動産屋さんになりたくない不動産屋を経営しているからです。結論から言うと売る気があんまりない。

普通の不動産屋さんは売らないと収益が増えないわけで、がんがんに営業をしようとするはず。だから夜討ち朝駆け、鬼のような電話、締切猶予がほぼないクロージング、かなりあぶない裏技的の伝授、など顧客をイラつかせ、焦らせ、営業担当自信を疲れ果てさせ、疑心暗鬼にさせる、ということをしていかないといけない業態が、不況期の不動産屋さんの営業手法ですね。好景気の時は、適当に仕入れができたら、売れていくのが不動産屋さん、なんですが、問題は不況の時です。で、おそらく今業者さんがこぞって大家2年目の会のブログに登録をしてきた、ということは、セミナー受講者がどこかで大家2年目の会のことを発言したのか、不況の時だろうが、好況の時だろうが、関係なくセミナー募集をしている大家2年目の会のことを奇特に思っているのか、だろうと思います。色々分析をしてみていただいたらいいと思います。

大家2年目の会は、不況になればなるほど、映えるビジネスモデルで、不動産屋さんの顔をしている一面もありますが、ほぼほぼ不動産屋さんの側面は見えないはずなので、探れば探るほど、わかりにくいと思いますね。無料セミナーも布教活動みたいな、全然クロージングもしないものですしどうやって収益化しているんだろうか、と疑問に思われるかもしれません。不思議な会です、大家2年目の会。

いろいろ書いてきましたが、基本的に、不動産屋さんの人に来てほしいとは思っていませんし、来ていただいても不動産屋さんの人の役には立てないと思いますので、業者さんの参加は遠慮してほしいと思っています。業者さんは来ていただいてもすぐに雰囲気でわかりますし、役に立たないこと一生懸命つたえてもなぁ、と時間を使わせている分、超気を遣ってしまいますね。

でも業者さんじゃない方は、無料セミナーに参加していたしていただけるとうれしいです。きっと役に立つと思いますので。


武智 剛

武智 剛 | JUSETZマーケティング株式会社 代表取締役

1980年7月大阪生まれ。茨木高等学校、神戸大学経営学部卒業。大学在学中には株式投資を実践するも自分には不向きと判断。経営学を学ぶ中で、営業は一生モノのスキルになると感じ、某大手住宅資材メーカーの営業マンの道に。営業に没頭する日々の中、資産家の方から投資用不動産の建築の仕事を大量に受注し、リーマンショックの乗り切り方も目の前で体験。それ以来不動産投資の魅力を忘れられず、独立。独立後2年で家賃収入約3000万円、3年半で1億円を達成。この経験と実績に基づき、同じような思いを持つ30代から50代のサラリーマンを不動産オーナーに育てることに情熱を注いでいる。

執筆者の記事一覧

このページのトップへ戻る

メニュー