大家2年目の会

失敗

不動産投資を進める上で大事なチェック機構

お仕事で失敗してしまいました。

効率を上げる為にいろいろと手順を端折った結果、端折ったらダメなところまで端折ってしまっていました。

結果、いろいろと疑われて所定の手順以上の手順を踏むことになっております。

どうしても忙しいときにはやりがちになってしまいますが、本来はやってはいけないことですね。

久しぶりにやってしまい、とても反省しております。

不動産投資をする上でもどうしても早く収益を上げたい、ということでてじゅを端折ることが多くなってしまうことがあります。

本来は頭金を準備してから始めるべきですが、たまるまで待っていられないので、いろいろとやり方を変えて進めてしまう。

結果、、、、ということになったりもします。

後になって考えればそうなるよね。と思うことでもその時その時はどうしても思考が浅く、視野が狭くなりがちであり得ない選択をしてしまうことがあります。

そうならない為には、誰か指摘してくれる人が必要ですね。

なるほど、だからクロスチェックがある。レビューがある。確認する為の会議がある。

と、普段の仕事をする上でのプロセスの重要性を改めて認識することになるのですが。

この辺り、不動産投資を一人で進めているとどうしても第三者的に見てくれる人がいないのがとても悩ましい所ですよね。

だから、セミナー等でお会いした大家さん同士でどうかな?とお互いにチェックしあったりもします。

ただ、出来ることならチェックしてくれる人はその道のプロであってほしいとも思います。

これから不動産投資を進める人はまずはこの人脈作り、これがとても大事です。

ここは勤労所得、会社でのお仕事とも一緒ですね。


木村 健⼀

木村 健⼀ | 講師

1978年9月⼤阪⽣まれ。ソフトウェア開発会社で17 年間エンジニアとして従事。兼ねてより夢だったマイホーム購⼊から5年後、単身赴任によるダブル生活で家計が圧迫。苦渋の生活が続く中、大家業による不労所得の存在を知り勉強を開始。その頃に武智と出会う。武智の思いや展望に魅了され、即決で不動産⼤家業を開始。今は自身と同じような境遇の⼈に、明るい道を作ることが出来ると確信している。

執筆者の記事一覧

このページのトップへ戻る

メニュー