大家2年目の会

失敗

スルガ銀行は悪なのか

スルガ銀行がめちゃくちゃ追い詰められてますね。まだまだ絞られることでしょう。
それに伴い投資用不動産販売を行い、スルガ銀行を活用していた業者さんは、倒産ではなくて、廃業を好んで選ぶと思います。散々稼いで、スルガ銀行のせいになっている間に、自社を廃業し、事実を闇に葬るため。
スルガ銀行が悪なのかどうなのか、というと私はあんまり悪ではない気がします、今でも。
不動産業者が儲けたいだけの欲にかられ、投資家が儲けたいだけの欲にかられ、私たちみたいに地道に時間をかけて着実に成長していくという努力を忘れ、サクッと儲けようとした。それに手を差し伸べたのがスルガ銀行であった、というだけでほかり〇な銀行とか静〇銀行とかもやっていたことでしょう。ただそれがものすごい偏重していた、というだけの話です。創業家に融資とかそういうことはだめだなぁとは思いますけどね。

大家2年目の会では不動産投資に強いといわれた金融機関は全然使っていませんし、むしろ信金信組、を積極的にパートナーになれるように、オーナー個々人が強く成長していってもらうように、してきました。その結果地銀に橋渡しできたり、メガバンクに行けたり、と徐々に成長をしていく。
こういう順番をしっかり踏んでいかないと、私たちのような成金大家さんは、たとえいい物件を購入して儲かりだしたとしても、結局思想と人間が成長しないので、土台が崩れていくと思います。

土台が崩れたのがバブルに乗った投資用不動産販売会社と、そこから購入した投資家オーナーということで、
スルガ銀行は根っからのIゾーンなので、つぶれることはないでしょうね。クワドラントの違いは本当に大事ですよ。


武智 剛

武智 剛 | JUSETZマーケティング株式会社 代表取締役

1980年7月大阪生まれ。茨木高等学校、神戸大学経営学部卒業。大学在学中には株式投資を実践するも自分には不向きと判断。経営学を学ぶ中で、営業は一生モノのスキルになると感じ、某大手住宅資材メーカーの営業マンの道に。営業に没頭する日々の中、資産家の方から投資用不動産の建築の仕事を大量に受注し、リーマンショックの乗り切り方も目の前で体験。それ以来不動産投資の魅力を忘れられず、独立。独立後2年で家賃収入約3000万円、3年半で1億円を達成。この経験と実績に基づき、同じような思いを持つ30代から50代のサラリーマンを不動産オーナーに育てることに情熱を注いでいる。

執筆者の記事一覧

このページのトップへ戻る

メニュー