大家2年目の会

失敗

不動産投資で悪い状況からの好転の仕方

今、作業で困っています。
元々セールスというものをやってこなかったエンジニアなので、今、独自に対応しつつ、色々と知識、理論を加えてブラッシュアップしているのですが、
これがなかなか。直感でやっていたらうまく反応良かったのに理論を入れたらやや受けだぞ、、、と。
直感でやっていた場所に知識や理論を入れていくとなんとなくバランスを崩してうまくいかないことが出てきます。

ただ、じゃぁやめますか?となると、そうもいかない状況です。
なので、良くなるまでひたすら続けるのみです。

不動産投資も一緒で、うまいこと行っている時に色々改善するのであれば良いのですが、悪い状況になったから良くしていくために
色々とあの手この手と本を読んで、セミナーを受けて、知識と理論を追加してやっていくと、元々うまく出来ていたこともできなくなったりします。

不動産投資であれば、客付けであったり客付けの為のリフォームなんかでそういう「あれ?今までいけてたのに」ということがいきたりします。

じゃぁうまくいけてないから元の状態に戻すか、というと元に戻しても悪い状況になるから、、、
そのまま突き進むしかありません。

ここで大事なのは、同じような失敗を経験して今、そこから好転した先輩とであるかであったりします。
そういう出会い、あなたにはありますか?


木村 健⼀

木村 健⼀ | 講師

1978年9月⼤阪⽣まれ。ソフトウェア開発会社で17 年間エンジニアとして従事。兼ねてより夢だったマイホーム購⼊から5年後、単身赴任によるダブル生活で家計が圧迫。苦渋の生活が続く中、大家業による不労所得の存在を知り勉強を開始。その頃に武智と出会う。武智の思いや展望に魅了され、即決で不動産⼤家業を開始。今は自身と同じような境遇の⼈に、明るい道を作ることが出来ると確信している。

執筆者の記事一覧

このページのトップへ戻る

メニュー