大家2年目の会

失敗

希望通りの融資額が達成できない場合

金融機関の融資を引く際に、希望通りの融資額が達成できない場合、あなたはどういう対応をされているでしょうか?たとえば、3億円の物件があり、現状では25000万円しか貸せないよ、あとの5000万と諸経費は自分の手持ちで頑張ってくださいね。という場合。

多くの方は、じゃぁ5000万円と諸経費を自分の手持ちで頑張ろう、と貯められることでしょう。私も基本的にはそうしていますし、それが王道だと思います。一方で私がしていることは、じゃぁその貯める期間を、ただ待っている、ということはしていません。結構ビジネス的に攻めて、収益の拡大やキャッシュの増大を図っていたりします。大家業をしていますといつかはお金が貯まることでしょう。しかし、早く貯めることはできないことが多い。早く貯める方法は、早く稼ぐこと。私はそう思っていくつものビジネスを立ち上げていたりします。

そんなことはできないよ、私は、という方は大家2年目の会がやはりぴったりでしょうね。まぁテクニックではないですが、ある程度はレールの上を走れるようには、仕組みを作っていますから。あとはあなたが大家2年目の会のメンバーとどれだけ交流を深めていくか、が重要でしょうね。そのためにはGiveAndTakeのGiveの心持、が非常に重要になると思います。

さぁ融資獲得してきましょうか。


武智 剛

武智 剛 | JUSETZマーケティング株式会社 代表取締役

1980年7月大阪生まれ。茨木高等学校、神戸大学経営学部卒業。大学在学中には株式投資を実践するも自分には不向きと判断。経営学を学ぶ中で、営業は一生モノのスキルになると感じ、某大手住宅資材メーカーの営業マンの道に。営業に没頭する日々の中、資産家の方から投資用不動産の建築の仕事を大量に受注し、リーマンショックの乗り切り方も目の前で体験。それ以来不動産投資の魅力を忘れられず、独立。独立後2年で家賃収入約3000万円、3年半で1億円を達成。この経験と実績に基づき、同じような思いを持つ30代から50代のサラリーマンを不動産オーナーに育てることに情熱を注いでいる。

執筆者の記事一覧

このページのトップへ戻る

メニュー