大家2年目の会

成功

ミッションビジョンが固まりました

大家2年目の会のコンセプトがようやく固まりました。約1年かかりましたが、色々動いてきてのミッションビジョンです。

このブログで色々語ってしまうわけにはいかないなぁ、そんな軽くはないなぁと思うので、詳しくは書きませんが、講師陣やメンバーの想いも含めて、共通する素養は、経営者的思考をいかに育むか、計画実行後の自分という歯車をどうやって社会に貢献する形で絡めるか、それを一人ではなく、自立した仲間たちと共に協力して取り組んでいけるか。そういう思いを持った人たちが多く集まっているなぁ、と思います。当然ですが、まだ完全に自立した不動産収益が無い方の方が多いのは事実ですがそれはそれで仕方ない。急いで不動産を購入してもあんまりよいタイミングでもないので、そういう時はしっかり土台を構築することが大事ですね。

不動産大家業をする際に必要な土台とはすなわち経営者の力量をいかに高めるか、に尽きるわけで、経営者の力量を高めるには「仕事」をしなければいけないわけで、仕事を安定的にたくさん合理的にこなすには、「財務」と「マーケティング」と「IT」と「セールス」が必要で、それぞれでかなりのレベルのスキル、が求められていくのです。

そういうことを一生懸命取り組んだ方が、不動産を買うよりもいい時、というものもありますね。こんな時勢ですが良い不動産、融資が付きやすい不動産、もありましてすかさず購入している大家2年目の会であったりしますが、こんな状況下でも毎月不動産を必ず購入していたりします。最近ではキャッシュで買うことも増えてきて、融資で買うよりより有利に事が進みますね。登記も楽だし。

これで大家2年目の会の会員さんにもよりメリットを出して提供もできるなぁと思うと、うれしくもなります。ミッションビジョンがしっかり固まったので、あとは自分たち個人個人のタスクをいかに早くこなしていくか。自分との競争に今からは没頭していけます。みんなも頑張っているので、自分も頑張ろう。そう思えた一日でした。


武智 剛

武智 剛 | JUSETZマーケティング株式会社 代表取締役

1980年7月大阪生まれ。茨木高等学校、神戸大学経営学部卒業。大学在学中には株式投資を実践するも自分には不向きと判断。経営学を学ぶ中で、営業は一生モノのスキルになると感じ、某大手住宅資材メーカーの営業マンの道に。営業に没頭する日々の中、資産家の方から投資用不動産の建築の仕事を大量に受注し、リーマンショックの乗り切り方も目の前で体験。それ以来不動産投資の魅力を忘れられず、独立。独立後2年で家賃収入約3000万円、3年半で1億円を達成。この経験と実績に基づき、同じような思いを持つ30代から50代のサラリーマンを不動産オーナーに育てることに情熱を注いでいる。

執筆者の記事一覧

このページのトップへ戻る

メニュー