大家2年目の会

成功

xxする言葉持ってますか?

昨日の続きで金持ち父さんのフィナンシャルインテリジェンス。

まずはThink Itから初めてつぎに、Learn Itに行くわけですが、お勧めはこの辺で、Shere It をお勧め致します。日本人は昔からの教育でいい話も悪い話も、お金のことに関しては寡黙になりがち。ましてや楽して稼げる、ということを怪しむ文化です。この楽して、という表現を、こと不動産投資業は、頭脳と借金をフルに活用してリスクを負って、というふうにちゃんと理解して取り組んでくださいね。体が楽なだけで、頭は猛烈に痛くなるほど勉強する必要があるのが、サラリーマンの方々です。上場企業の取締役クラスなら、そういう経験している可能性高いから、すんなり参入できるかもしれませんが。

すみません脱線しました、この考えて、学ぶ過程で、非常に腑に落ちやすい取り組み方は共有する、ということです。思考やスキルの共有化。これをお勧めします。ただし、全く無知な人に教えたところで、相手はぽかーんとするしへたすると、ア●ウェイのようなMLM商法と間違われて、友達減ると思うので、ちゃんと学んだ人同士でシェアすることをお勧めします。

日本には個人ベースで幸せになるためのフィナンシャル教育が無いので、まぁお金の情報を正しくシェアできる環境にはほぼないでしょうけれど。

私は昨今、「お金持ち」としか話をしなくなってきたので、お金の話ばかりしているような感じですが、もうどれをやっても儲かりそう、って感じで、面白い。でも人の役にも立つ。当然だけれども、利益が出るものは人の役に立つから利益が出るわけで、それを一時ではなく継続的にやるから、大変だけれどもそれが故に誠実にできるわけで。

そういう信頼できる人たちを廻りに集めておかないとうまくいかないんだろうなぁと、思っています。教えてくれる人は金持ち父さんでもあり得るけれども、それをちゃんとジャパナイズするなら、シェアする人を周りに創っておかないと後々困りますよ。これは先に行ったものだからこそ分かることで、さらにいうなら自分で経験して、頭を使ってきたからこそ分かることで本をそのまま鵜呑みにもせず、色々失敗してきたからわかることですね。

「共有」という概念、面白いですが、すごい効果が出ると思いますよ。
大家2年目の会のみんな、共有する言葉、持っていますか?


武智 剛

武智 剛 | JUSETZマーケティング株式会社 代表取締役

1980年7月大阪生まれ。茨木高等学校、神戸大学経営学部卒業。大学在学中には株式投資を実践するも自分には不向きと判断。経営学を学ぶ中で、営業は一生モノのスキルになると感じ、某大手住宅資材メーカーの営業マンの道に。営業に没頭する日々の中、資産家の方から投資用不動産の建築の仕事を大量に受注し、リーマンショックの乗り切り方も目の前で体験。それ以来不動産投資の魅力を忘れられず、独立。独立後2年で家賃収入約3000万円、3年半で1億円を達成。この経験と実績に基づき、同じような思いを持つ30代から50代のサラリーマンを不動産オーナーに育てることに情熱を注いでいる。

執筆者の記事一覧

このページのトップへ戻る

メニュー