大家2年目の会

成功

質問力

新しい大家2年目の会のメンバーのセミナーがスタートしました。
今回のスタートのメンバーの方々、すごいレベル高い。
知識も高いが、理解が早いし、おそらく仕事もすごい正確にさばいていくんだろうなぁと感じます。知性があるな。質問のセンスがいい。私が思うセンスとは、その質問が回答をされて、また質問が出てくる、回答が出る、という問答をしていく先に、最終行きつく答えが、自分の責任でまかなえることなのか、他力本願なのか、ということにどの段階で気づくのか?ということです。

大家2年目の会が進めていく不動産大家業とは、基本的にはほぼすべてのリスクコントロールを行えるように、自分たちのキャパシティを上げていく、ということに最も注力して創った、ともいえます。だから「これをしたら何をしてくれるのか」「これをしたらうまくいきますよね?」というような質問が、「う~ん、惜しいなぁ」と思うわけです。これは実は質問を受ける側も、どう回答するかで、色々誘導出来たりも実はします。私が質問を受けると、基本的には質問者の能力を底上げしようとするための質問と回答を繰り返していきます。これはファシリテーション、という技術が大いに活きてきますね。

彼らの期待に応えられるように、期待を上回るように、講師は自分たちにプレッシャーを与えて、昨日よりも今日を、今日よりも明日を、想いをこめれるように、セミナーに精を出してもらいたい、と思います。

さぁ先生方、おすすめ本です。
「ザ・ファシリテーション」
皆さんも余力があればぜひ読んでおいてください。自身に対するコーチングも同時にできるようになりますので、どんどん成長できますよ。仕事でも、人間的にも、収益的にも。


武智 剛

武智 剛 | JUSETZマーケティング株式会社 代表取締役

1980年7月大阪生まれ。茨木高等学校、神戸大学経営学部卒業。大学在学中には株式投資を実践するも自分には不向きと判断。経営学を学ぶ中で、営業は一生モノのスキルになると感じ、某大手住宅資材メーカーの営業マンの道に。営業に没頭する日々の中、資産家の方から投資用不動産の建築の仕事を大量に受注し、リーマンショックの乗り切り方も目の前で体験。それ以来不動産投資の魅力を忘れられず、独立。独立後2年で家賃収入約3000万円、3年半で1億円を達成。この経験と実績に基づき、同じような思いを持つ30代から50代のサラリーマンを不動産オーナーに育てることに情熱を注いでいる。

執筆者の記事一覧

このページのトップへ戻る

メニュー