大家2年目の会

成功

不動産投資で不労所得を得る為に行うべき行動

皆さんにはパワースポットというものはありますか?

私にはたくさんあります。

名古屋城、出雲大社、多田神社、等々、まさしく場所、であったり、

自身が勝手にメンターと考えている方々や大家二年目の会のメンバーであったりします。

不思議と前述の場所にふらっと散歩にいったり、会話したりすることでネガティブな状況からポジティブな状況になったりします。

結果、状況が好転することが多々あります。

こうなるとこちらとしてもお返しをしたくなるので、一生懸命働かなければ!と想いを強く持つようにしています。

働く、という言葉の語源は傍を楽にすることだとも言われています。

ですので、働くとして、誰を楽にしているのか、誰の為に働いているのか、を常に考えなければいけません。

この考えは、勤労所得での考え方ですね。

不労所得となると、そのお返しに働く!とはならないということです。

であれば、他のお返しの仕方を考えなければいけません。

その方法、あなたは分かりますでしょうか?

この辺りが理解できていない状況で不動産投資を始めると、不労所得として進めていると思っていたのに、いつの間にか勤労所得に置き換わってしまいます。

そうなると、当初の目的と大きく異なってしまい、何のために進めているのか分からない状況に陥ってしまいます。

そうならない為にも一度、セミナーでお話しませんか?


木村 健⼀

木村 健⼀ | 講師

1978年9月⼤阪⽣まれ。ソフトウェア開発会社で17 年間エンジニアとして従事。兼ねてより夢だったマイホーム購⼊から5年後、単身赴任によるダブル生活で家計が圧迫。苦渋の生活が続く中、大家業による不労所得の存在を知り勉強を開始。その頃に武智と出会う。武智の思いや展望に魅了され、即決で不動産⼤家業を開始。今は自身と同じような境遇の⼈に、明るい道を作ることが出来ると確信している。

執筆者の記事一覧

このページのトップへ戻る

メニュー