大家2年目の会

成功

不動産投資を始める際に大事なのは「とりあえず始めること」ですか?

次またご飯食べましょう!とか、次またお会いしましょうね!とか、次また、、

と言った形でなかなかその先が進まないことって多いですよね。

そして、不動産投資でも、こういう不動産が出てきたら始めよう、こういう条件で融資が引けたら始めよう。

というのも多いです。

こういうパターンはスケジュールが存在しないのでダラダラと、ズルズルと日にちだけが進んでいき、何も状況が変わりません。

反対に、スケジュールを決めてしまうと、なかなか状況が進まない場合、焦ってしまい、正常な判断が出来ない状況に陥ってしまいます。

私も経験あります。おそらく皆さんもあるのではないでしょうか。

これが、不動産投資であれば、変な不動産を買ってしまうことになってしまう。

目的がスケジュールを守ることに変わってしまっています。

こういったつまづきが見える為スケジュールは作成しない、といったこともあるかと思います。

ですが、やはり本当に物事を前に進めるのであれば、スケジュールは作成する方が良いですよね。

そこで、一つ決断。そして次に大事なのは、そのスケジュールが守れない時には、もう自分の力だけでは正直厳しい状況、と感じているのであれば、誰かの助けを求める。無理に当初の目標を達成することだけを目的にはしない。

ここで二つ目の決断。自分以外の力も援用する。

三人寄れば文殊の知恵

まさしくこの通りだと思います。


木村 健⼀

木村 健⼀ | 講師

1978年9月⼤阪⽣まれ。ソフトウェア開発会社で17 年間エンジニアとして従事。兼ねてより夢だったマイホーム購⼊から5年後、単身赴任によるダブル生活で家計が圧迫。苦渋の生活が続く中、大家業による不労所得の存在を知り勉強を開始。その頃に武智と出会う。武智の思いや展望に魅了され、即決で不動産⼤家業を開始。今は自身と同じような境遇の⼈に、明るい道を作ることが出来ると確信している。

執筆者の記事一覧

このページのトップへ戻る

メニュー