大家2年目の会

成功

不動産投資を始めてから何かが起きた際に不動産投資をやめる為には

依頼されていたソフトウェアの開発がストップしました。

理由は資金繰りです。

新規での開発なので予定通りにはいかない面もあり、お互いにそこは話をしながら進めていましたが、

すこし資金繰りの面で不安が出てくるとのことで、依頼者からは、時期尚早だった、もう少し内容を詰めてから再度依頼する、とのことでストップとなった形です。

今回、お互いに新規での開発のリスクをしっかりと認識した上でスタートした為、早い段階でストップすることが出来ました。

後には引けない所までいってしまっていたら、きっと人生をかけて作成した結果、サービスが売れずに飛んでもないことになる所です。

これ、不動産投資でも同じことになります。

事前にキャッシュフローでここまで来たら危険サイン。そこで止めよう。

と思った時に止まれる形にしておく必要があります。

ですが、既に融資を引いてしまっていた場合、どうなるかというと、、、

新しいことを始める際には致命傷にならない形にする必要があります。

そうなるためにはどうするべきかを考えておかなけばいけません。

物事を始める時には終わりから決めていく必要があります。

望ましいゴールと望ましくないゴールをしっかりと明確にイメージする必要があります。

これから不動産投資を始める方も既に始めている方にも、とても重要なことです。


木村 健⼀

木村 健⼀ | 講師

1978年9月⼤阪⽣まれ。ソフトウェア開発会社で17 年間エンジニアとして従事。兼ねてより夢だったマイホーム購⼊から5年後、単身赴任によるダブル生活で家計が圧迫。苦渋の生活が続く中、大家業による不労所得の存在を知り勉強を開始。その頃に武智と出会う。武智の思いや展望に魅了され、即決で不動産⼤家業を開始。今は自身と同じような境遇の⼈に、明るい道を作ることが出来ると確信している。

執筆者の記事一覧

このページのトップへ戻る

メニュー