大家2年目の会

成功

不動産大家業をすることで起こる心身の変化

とある事務所の前で知り合いを待っていたのですが、、、
何と、間違えられました。
今までであれば絶対になかったことですし、今までの私を知っている人からすればあり得ないことです。
何にに間違えられたと思いますか?

不動産屋さんに間違えられました。

私はこのブログでも記載していますが、元々エンジニアでした。
それも営業も出来、口が出るタイプではありません。
もちろん風体に気を使うことなく、それなりの恰好でした。

そんな私が間違えられたのです。

もう嬉しくなり、その質問をしてくれた人にまずは「不動産屋さんではありません。」とお伝えした上で、なんで間違えたのかを聞くと
・身なりがしっかりしている
・オールバックで自身がありそう
・背格好が良い
・笑顔

ちょっと恥ずかしいですね。ブログで書くのは。
と、上記の様な状況で賃貸の前に立っていたので、内覧接客中の同業かと思って声をかけましたとのことでした。
そもそもが、見知らぬ人にいきなり声を掛けられるなんてこともありませんし、今までありませんでしたし、こんなキラキラした職業の人と間違えられることもありませんでした。
(不動産業界、一部では怪しいというご意見もありますが、、、)
一度もです。

見知らぬ人に声を掛けられた。
どちらかというと良い印象の方の不動産屋さんと間違えられた。
という嬉しいことのご報告もかねているのですが、
ここでのポイントは、元々内向的で殻に閉じこもっていた状況から私が変化できた点です。

作業する内容を変え、求められていることをやっていたら、人は変わるということです。
良く役割が人を変える、とも言われます。

この大家2年目の会と出会い、講師をすることで役割が変わり、変化できたのかなと。
もしも出会っていなければ、きっとこうはなっていなかったと思います。

こういった変化があなたにも起こることを期待して講師として邁進していきます。


木村 健⼀

木村 健⼀ | 講師

1978年9月⼤阪⽣まれ。ソフトウェア開発会社で17 年間エンジニアとして従事。兼ねてより夢だったマイホーム購⼊から5年後、単身赴任によるダブル生活で家計が圧迫。苦渋の生活が続く中、大家業による不労所得の存在を知り勉強を開始。その頃に武智と出会う。武智の思いや展望に魅了され、即決で不動産⼤家業を開始。今は自身と同じような境遇の⼈に、明るい道を作ることが出来ると確信している。

執筆者の記事一覧

このページのトップへ戻る

メニュー