大家2年目の会

成功

突き進めるはず

大事な一歩目はまずは思考。それはもう私は気づいた。自分にコンサルティングを今からしていく。ステークホルダーの顔を思い浮かべろ。スタッフ、仕入れ先、顧客、金融機関、株主。まずは重要なのは誰だ?
最も影響力があるのはスタッフだ。この人たちにどうしてもらったらお互いに幸せになれるんだ?何を望んでいるんだ?
短期的には目の前の仕事を正確にしてほしい。正確にして余裕時間を捻出して、より改善するために、より楽をするためにはどうしたらいいのかを考えてほしい。中長期的にはみんなが自発的に動く人たちになってほしい。
短期的目標を達成するにはどうしたらいいのか?基本の徹底とスキルの充実。そしてそのチェックリストの稼働と正確性を上げる。
本当にそれだけで目標は達成できるのか?部門間での連携を図って、お互いが思いやれるようになっていく必要がある。
それが今なぜできていないのか?自分の目の前の仕事に忙殺されている。他人に仕事を任せられない。自分が与えられた役割だとおもい、一生懸命になりすぎる。その微妙な力加減の塩梅がつけれるように誰も教えてあげていない。
どうすればそれは解決するのか?育てる人と育つ人がお互いに干渉しあえるようにする。そしてそれを監督する指導者を置く。指導者的な人材が居ないので私がやる。

粗いですが、おおむねベクトルはこれで短期的には改善していくはず。道中いろいろあるだろうけれど、私があきらめない限りは、突き進めるはず。

こんな感じで次は中長期的な目標設定へと入っていきます。


武智 剛

武智 剛 | JUSETZマーケティング株式会社 代表取締役

1980年7月大阪生まれ。茨木高等学校、神戸大学経営学部卒業。大学在学中には株式投資を実践するも自分には不向きと判断。経営学を学ぶ中で、営業は一生モノのスキルになると感じ、某大手住宅資材メーカーの営業マンの道に。営業に没頭する日々の中、資産家の方から投資用不動産の建築の仕事を大量に受注し、リーマンショックの乗り切り方も目の前で体験。それ以来不動産投資の魅力を忘れられず、独立。独立後2年で家賃収入約3000万円、3年半で1億円を達成。この経験と実績に基づき、同じような思いを持つ30代から50代のサラリーマンを不動産オーナーに育てることに情熱を注いでいる。

執筆者の記事一覧

このページのトップへ戻る

メニュー