大家2年目の会

成功

無酸素運動を繰り返してバテていませんか?

私の法人は先々月末で通期を終え、ほぼ決算がまとまりつつあります。

決算前後はおおよそどんな会社でも慌ただしくなりますが、いくら小さな規模の我が社でもそれに漏れず慌ただしく決算の処理を進めてきました。

決算だからといって通常業務を止める理由にはならず、業務負担が大きくなるのは避けられません。
それこそ一瞬の瞬発力がモノを言うときでもあります。

しかし度々、繰り返し一瞬の瞬発力を使っていると、無酸素運動でカラダに乳酸が蓄積されて、カラダが動かない「バテ」の状態になってしまいます。

事業は長距離走、売上と利益を上げ続け、世に価値を創出し続けなければいけません。
そのためには無酸素運動でバテてしまっていては延々と運動を続けることはできなくなってしまいます。

ということは有酸素運動の範囲で巡行できるスピードを保っても回る事業とシステムを持つ必要があります。
事業そのものは終わることなく長く続けることが目標の一つと考えることもできます。

運動の例えを出しましたが事業も仕事も、そして精神的にも似たようなことが言えるでしょう。

世に長く価値を創出し続け、かつ個人としても物理的にも精神的にもバテない健康状態で走り続けたいものですね。


このページのトップへ戻る

メニュー