大家2年目の会

成功

自信を持って行動し続けるために

事業経営をしていると
…いや、経営に限らず自分の関わること全てを
より良くしようと思って行動していると
様々な方向に興味が広がり
たくさんのことに取り組みたくなります。

単に新たな事業に取り組みたくなる場合もあれば、
既存の事業の方向性を変えるもの、
改善のためになりそうなもの、
将来役立てることができそうなもの…

いろんな場所を訪れ、
いろんな方と出会うことができれば
それだけ新たなものに触れ
新たなものを知る機会も増え
興味も広がります。

その中で何に取り組むか、
どう行動を起こしていくかを考えるとき
費用対効果を見るだけでは足らず
リスク対効果も評価すべきですし、
それに取り組む際に必要となる時間も考えるべきでしょう。

時間は限られています。
それは全ての人、平等に…。

だからこそ取組むべきタイミングだけではなく、
しないでおくべきタイミング、
それもしっかりと認識して、
行動に落とし込まなければならないのではないでしょうか。

するべきこと、それ以外のことはしないでおくべきこと…
それぐらいの極端な意識を持っておかないと、
あれもこれもと行動が分散してしまって、
結局何ひとつ実を結ばないと言うことになってしまいかねません。

また、新たなことに取り組む際には、
それまでやってきたことの中から
やらない事を意識して抜き出すことをすべきです。

それを意図的にすることで、
後になって「できなかったこと」とネガティブな感情を持つことなく
自信を持って行動し続けることができるからです。


このページのトップへ戻る

メニュー