大家2年目の会

成功

「思考を変える」ことの難しさを乗り越える簡単な方法

思考を変えることがものすごく大事だ、と頭では理解していたとしましょう。でもなかなか、ほんとうになかなか「思考を変える」ということを定着させることって難しいのです。皆さん昔を思い出してください。いつから文字を文字と認識できるようになりましたか?文字を読んでその文字の意味を理解しましたか?文字の行間を読み解けるようになりましたか?

思考を変えるとは文字の認識、文字の意味合い、文字の行間、といったレベルのことを理解していくレベルのことを言うのです。つまりは言語の習得と一緒。新しく言語を理解するくらいに時間もかかるし努力も継続性も、そしてその言語を使う環境も必要になります。

自分の努力だけで身につけなれけばいけないこと、は多々ありますが、語学を単語の暗記とリスニングだけで「喋れる」「理解できる」とは思えませんよね。その語学を使っている人とコミュニケーションをとって、言われていることに即座に反応で来て相手にもイライラさせないで済むくらいのレベルにもっていくには、まぁ少なくとも3か月くらいの努力は必要じゃないですかね。しかも言語で言うなら、日本語を一切使わない環境に身を置き、使うくらいの覚悟でもってして3か月、っていう感じじゃないでしょうか。

思考を変えるとは、言語を習得すること。言語を習得するとは使いこなせてること。ここまでが要求されていると考えておくほうが無難ですね。難しいなぁと思うでしょうけれど、本当に難しいなぁと、実現してみて初めて気づきますね。まぁ皆さんはそんなに構えず、あかちゃんが日本語をしゃべるのって難しいなぁ、と思わないのと一緒で、あんまり構えることなく、えいやっ!でいったほうが良かったりしますね。


武智 剛

武智 剛 | JUSETZマーケティング株式会社 代表取締役

1980年7月大阪生まれ。茨木高等学校、神戸大学経営学部卒業。大学在学中には株式投資を実践するも自分には不向きと判断。経営学を学ぶ中で、営業は一生モノのスキルになると感じ、某大手住宅資材メーカーの営業マンの道に。営業に没頭する日々の中、資産家の方から投資用不動産の建築の仕事を大量に受注し、リーマンショックの乗り切り方も目の前で体験。それ以来不動産投資の魅力を忘れられず、独立。独立後2年で家賃収入約3000万円、3年半で1億円を達成。この経験と実績に基づき、同じような思いを持つ30代から50代のサラリーマンを不動産オーナーに育てることに情熱を注いでいる。

執筆者の記事一覧

このページのトップへ戻る

メニュー