大家2年目の会

教科書

チョコレートから思うこと

バレンタインデーが過ぎましたが、今年もチョコはほぼほぼもらえませんでした。言い訳しとくと、働きすぎて、女性とお会いしていないからですね。きっと。

というわけで大のチョコ好き武智は、バレンタインデーだろうとなんだろうと自分で自分のチョコを買ったりします。どういうわけかチョコを食べたくなるのが、2月頭っていう、なんでだろう。で、百貨店に行くと盛大にやっているんですが、なにこれ!?超おいしい!って女子並みに盛り上がるのが、一粒1000円チョコとかです。異常においしい。しかし食べ過ぎたら過剰糖分と金銭的に死ぬなぁ、と思っているので控えめにしていますが。

一方で私は明治のチョコレートとかも大好きで、こちらは100g100円とか激安なわけです。大好きなのでよく食べますよ。アポロとか、チョコベビーとかも。

前者は10g1000円で、後者は100g100円。1g100円と1g1円。100倍も価値違うんかいな!?
と思いますが、違うんでしょうね、だから売れる。

これを大家業にどうやって反映させればいいのか。
これって結構難しいんですけどね、さすがに家賃10万円のところを1000万円で貸せることはできませんがそれに近いことをやっているのがホテルのロイヤルスイートルームですね。1泊500万円とかですもんね。だから、大家業としての究極はやはり、そういうところを目指すことになる、ということです。

そのためには何が必要か。
それは顧客が必要です。
入居者が必要です。
あなたが求める入居者をどうやって創るのか。
あなたの頭の中にヒントはありますか?

大家2年目の会のセミナーではそういうことを考えるきっかけヒント、を与えられるように頑張っています。さすがに一泊500万円とかは無理ですが、儲かる大家業は、してもらいたいですからね。


武智 剛

武智 剛 | JUSETZマーケティング株式会社 代表取締役

1980年7月大阪生まれ。茨木高等学校、神戸大学経営学部卒業。大学在学中には株式投資を実践するも自分には不向きと判断。経営学を学ぶ中で、営業は一生モノのスキルになると感じ、某大手住宅資材メーカーの営業マンの道に。営業に没頭する日々の中、資産家の方から投資用不動産の建築の仕事を大量に受注し、リーマンショックの乗り切り方も目の前で体験。それ以来不動産投資の魅力を忘れられず、独立。独立後2年で家賃収入約3000万円、3年半で1億円を達成。この経験と実績に基づき、同じような思いを持つ30代から50代のサラリーマンを不動産オーナーに育てることに情熱を注いでいる。

執筆者の記事一覧

このページのトップへ戻る

メニュー