大家2年目の会

教科書

xxを発行すると人生が変わる?

書籍を発行すると人生が変わるのではないか。私は若干そう感じております。
というのも弊社ではキャンピングカー製造のNO.1メーカーになるべく、かなりのリソースを割いて賛同いただける加盟店ディーラー様に、弊社の商品であるトラベルハウスの販売を通じて経済的に豊かになっていただきたいと思って、日夜トレーニングをしております。だんだんと加盟店様も大きく販売するようになってきているお店もあり、非常にうれしく思います。そのノウハウの塊を、加盟店様のみの冊子に仕上げました。その冊子(2冊組で200ページ弱ぐらいあります)を活用して研修をしていたりしますが、加盟店様からは代表者の方からのウケが非常に良い。参加者からすると、こんなに勉強するのか、という感じかもしれませんので、あんまりとっつきは評価高くはないですね(苦笑

でも全く別方面からこの冊子、評価が高くなっていまして、それで弊社得していたりします。評価をしてくれる人、それは金融機関様なのです。特に新規で来られるメガバンクの方とか、そういう方に評価が高いですね。

このブログの読者の中にも書籍を発行された方はいらっしゃるとは思いますが、書籍を最初に創るのって、本当に大変なのです。100ページくらいなら何とかかけるかもしれませんが、256ページともなると、ネタがかなり足りなくなってくるのが現実です。だからビジネス書の9割がたはゴーストライターがヒアリングして脚色して書いていきます。まぁそれでも評価はされますが、弊社は自力で出版に近いレベルのことまでやってしまったわけです。あとはISBNコードとかとれば出版できてしまいますな。

大家2年目の会でつちかったノウハウを聞いて、消化して、自分のノウハウになるべく努力して経験して、昇華すると、書籍の発行は結構たやすいかもしれません。ある程度の基盤は一緒の法則で行けますが、Bゾーンたるもの、みんながみんな違う個性をある程度出してきますので、出版は非常にやりやすいかもしれません。そうそう、そういうわけで、いまメンバーが出版に取り組んでおります。近々お目見えできるかもしれませんね。楽しみです。


武智 剛

武智 剛 | JUSETZマーケティング株式会社 代表取締役

1980年7月大阪生まれ。茨木高等学校、神戸大学経営学部卒業。大学在学中には株式投資を実践するも自分には不向きと判断。経営学を学ぶ中で、営業は一生モノのスキルになると感じ、某大手住宅資材メーカーの営業マンの道に。営業に没頭する日々の中、資産家の方から投資用不動産の建築の仕事を大量に受注し、リーマンショックの乗り切り方も目の前で体験。それ以来不動産投資の魅力を忘れられず、独立。独立後2年で家賃収入約3000万円、3年半で1億円を達成。この経験と実績に基づき、同じような思いを持つ30代から50代のサラリーマンを不動産オーナーに育てることに情熱を注いでいる。

執筆者の記事一覧

このページのトップへ戻る

メニュー