大家2年目の会

教科書

継続的に収益を伸ばす方法

セミナーで話す内容の骨子になりますので、先生方からはあんまり言わないでくれ!と怒られるかもしれませんが、継続的な収益を伸ばす方法は、資産を築くこと、すなわちBS経営を実践していくことです。そしてBSの資産を大きくしていくには、レバレッジを掛けないと絶対に大きくはなっていきません。レバレッジを掛けない経営をPL経営といいます。つまりはこの一年でいくら儲かったか?という短期的な指標を追い求める姿勢ですね。どちらが理想的か、というと、100%BS経営を営むほうがいいです。

競合は減るし、参入者は少ないし、ある程度モノが収益を稼いでくれるのでいったん軌道に乗ると楽です。
PL経営は毎年毎年一生懸命努力し続けないといけないので継続力が大事になってきます。
どちらが良いとか悪いとかの評価で言うことはできませんが、大家二年目の会のメンバーはBS経営で資産にキャッシュを稼がせることをしていかないといけない、ということを念頭に置いてもらっているほうが良いと思います。

ただしBS経営はあんまり大きくは儲からない(利回り10%が限界)ので、多くは望まないようにしてくださいね(笑

大事なことは自分の体はなるべく動かさないで収益を積み上げる仕組みを作ること、という目標を忘れないようにすることが大事ですね。


武智 剛

武智 剛 | JUSETZマーケティング株式会社 代表取締役

1980年7月大阪生まれ。茨木高等学校、神戸大学経営学部卒業。大学在学中には株式投資を実践するも自分には不向きと判断。経営学を学ぶ中で、営業は一生モノのスキルになると感じ、某大手住宅資材メーカーの営業マンの道に。営業に没頭する日々の中、資産家の方から投資用不動産の建築の仕事を大量に受注し、リーマンショックの乗り切り方も目の前で体験。それ以来不動産投資の魅力を忘れられず、独立。独立後2年で家賃収入約3000万円、3年半で1億円を達成。この経験と実績に基づき、同じような思いを持つ30代から50代のサラリーマンを不動産オーナーに育てることに情熱を注いでいる。

執筆者の記事一覧

このページのトップへ戻る

メニュー