大家2年目の会

教科書

不動産投資に目標は必要か?

不動産投資に目標は必要か?とふと思いました。
昔は(今もか)、大家2年目の会も10億円の資産を築こう、と題してやってきて、まぁ行けるなぁとは思っていますが、最近ではめっきり不動産がバブルっぽく危険水域に入ってきているので皆さんにはあまり購入を進めていません。とはいえ購入してもらっているメンバーもいますので、全くやらないわけではありませんが。

と、不動産投資というのはかなり景気が左右します。
というのも融資が無いと何もできないからです。だからできない時には無理せず着実に待てばいいのです。そういう時に目標を持っていることは必要なのでしょうか?目標とは、自分の持てる力のみで、何とかいけるなぁというときには大いに力を発揮できますが、自分の力があまりに貧弱で他人の助けが無いと何もできない状況の時には、プレッシャーと無駄な動きを誘発するだけのただのノルマです。

目標を立てられて、それ通り勧めそうだ、というのは非常にありがたい環境下に今自分は居るのだなぁと考えて貰った方がよいですね。

ほぼほぼ自分ができることが無い不動産大家業。
お金も人もモノも情報も、何もかもを他人に依存する大家業。無理な目標は立てず、その目標の期限を後ろにスライドしてやる、といい感じに力は抜けると思います。でも、諦めてはいけませんよ。
いつか来る、買い時のために、やれることを着々とやるのです。ボーイスカウトで、備えよ常に、と習ってきた私ですが、不動産大家業を目指すあなたが今、すべきこと、それはもうすぐ来る買い場にそなえ、与信力を高めておくことです。

与信力の高め方、それは大家2年目の会でみっちりやっています。楽しいですよ。


武智 剛

武智 剛 | JUSETZマーケティング株式会社 代表取締役

1980年7月大阪生まれ。茨木高等学校、神戸大学経営学部卒業。大学在学中には株式投資を実践するも自分には不向きと判断。経営学を学ぶ中で、営業は一生モノのスキルになると感じ、某大手住宅資材メーカーの営業マンの道に。営業に没頭する日々の中、資産家の方から投資用不動産の建築の仕事を大量に受注し、リーマンショックの乗り切り方も目の前で体験。それ以来不動産投資の魅力を忘れられず、独立。独立後2年で家賃収入約3000万円、3年半で1億円を達成。この経験と実績に基づき、同じような思いを持つ30代から50代のサラリーマンを不動産オーナーに育てることに情熱を注いでいる。

執筆者の記事一覧

このページのトップへ戻る

メニュー