大家2年目の会

未分類

仲間をつくれる要素

最近また色々本を読み始めてます。色々な分野の本を。私は結構著者の歴史をまずは見る癖があるのですが、大抵事業で成功してるか、有名になっている人って多くは30代に会社を辞めている人が多いですね。その次は40代。50代は少数。60代はカーネルサンダースくらいか。

大家2年目の会の目的は経済的に安定すること。そのために30代、40代から取り組むと比較的経済的には安定する可能性が高いのだろうなぁと思っていたりもします。もちろん50代の方でもできますよ。経済的に成功すると次に欲しくなってくる欲望が有名になる、ということ。そういうときのために、30~40代のころから取り組んでいると、書籍を書けるレベルにまでなれるとおもいます。

若内から取り組むとなぜ書籍が書けるレベルになれるのか。
それは周りにそういう成功者が少ない、ということと大家業は成功するまでにもともと何も持っていない人が始めると時間がかかる、ということです。

早く始めれば始めるほど良いのですが、20代の方はあまりお勧めしません。まだ周りに仲間をつくれる要素が少ないからです。仲間をつくれる要素とはGiveできる何かしらのスキルを持っているかどうか。30代以上になるとサラリーマンの方なら何かしらのスキルをお持ちのことがおおいのですね。主婦のかたでも何かしらのスキルを持っていることが多い。

年の功は伊達じゃないです。それなりに年長者は有利ではありますね。ただし、50代までが限界だとは思います。理由は融資が極端に引きにくくなるから。30~50代という短い時間の中でチャンスを逃さず取り組んでくださいね。

 


武智 剛

武智 剛 | JUSETZマーケティング株式会社 代表取締役

1980年7月大阪生まれ。茨木高等学校、神戸大学経営学部卒業。大学在学中には株式投資を実践するも自分には不向きと判断。経営学を学ぶ中で、営業は一生モノのスキルになると感じ、某大手住宅資材メーカーの営業マンの道に。営業に没頭する日々の中、資産家の方から投資用不動産の建築の仕事を大量に受注し、リーマンショックの乗り切り方も目の前で体験。それ以来不動産投資の魅力を忘れられず、独立。独立後2年で家賃収入約3000万円、3年半で1億円を達成。この経験と実績に基づき、同じような思いを持つ30代から50代のサラリーマンを不動産オーナーに育てることに情熱を注いでいる。

執筆者の記事一覧

このページのトップへ戻る

メニュー