大家2年目の会

未分類

ちょっと自慢

面白い。といったら怒られるかもしれないけれど。最近重症患者みたいな投資家さんが頻繁にセミナーに顔を出されますね。投資手法を説明するのが大家2年目の会での無料セミナーだったりしますがあんまり頭に入ってないのかもしれない。

持ってる不動産を、購入しようと思っている不動産を、いや実はもう手付やら頭金やら、契約を結んでいてまだ引渡しだけされていない不動産を見せてもらうことが多いです。
結構持っている人は、不動産でポートフォリオを造れるくらいに、色々なところに持っていらっしゃったりしますね。

年収の高い人ほど、出張とかにも余裕で行けるのでしょう。ついつい儲かりそうなところ儲かりそうなところ、へ腰を据えずに取り組んだんだろうなぁ、と思われる跡が見られます。

そういう方が大家2年目の会に来られたらどうしているか?

まずはその人の「資産リフォーム」から始めようと私は思っています。決して物件をリフォームして入居付、とかそういう小さなレベルではなく「与信リフォーム」を行います。そのあと「与信エンパワー」をして、不動産を買っていくわけです。もっと厳密にいうとそれらを同時に実行していたりしますね。キャッシュバランスが非常に絶妙だったりするので、めっちゃ忙しくなるがしかない、やらないといずれ破産します。

そういう与信リフォームと与信エンパワーを使いこなせるからこそ物件を購入できたりするんですね。こんなことできるの大家2年目の会くらいじゃないかな。ちょっと自慢でした。

 


武智 剛

武智 剛 | JUSETZマーケティング株式会社 代表取締役

1980年7月大阪生まれ。茨木高等学校、神戸大学経営学部卒業。大学在学中には株式投資を実践するも自分には不向きと判断。経営学を学ぶ中で、営業は一生モノのスキルになると感じ、某大手住宅資材メーカーの営業マンの道に。営業に没頭する日々の中、資産家の方から投資用不動産の建築の仕事を大量に受注し、リーマンショックの乗り切り方も目の前で体験。それ以来不動産投資の魅力を忘れられず、独立。独立後2年で家賃収入約3000万円、3年半で1億円を達成。この経験と実績に基づき、同じような思いを持つ30代から50代のサラリーマンを不動産オーナーに育てることに情熱を注いでいる。

執筆者の記事一覧

このページのトップへ戻る

メニュー