大家2年目の会

未分類

独りではしないこと

金融引き締めがあっても、アパートの建設は順調です。ということはアパート向けの融資もどんどんされているわけです。人口はどんどん減っているので、当たり前ですが空室はどんどん増えますね。当たり前のこと。自明の理。

さぁ投資家系大家さんであるあなたは、この現象をどうとらえ、将来どのような日本が出来上がるのかを描けていますか?

大家2年目の会では明確に近未来を描いており、それに応じた対応を、好景気バージョンと不景気バージョンを用意して準備をしております。どっちに転んでも大丈夫、っていうわけですね。

日本で大人気の経営学者 故ドラッカー教授の既におこった未来 を読んでいただき、あなたの知的好奇心をどこまで刺激できるか。それをどう大家業に活かすのか、考えてみてはいかがでしょうか。

そしてその案を大家2年目の会で発信してみてください。きっと何らかの反応があり、それに応えてくれるメンバーが居るはずです。

そうやって相互刺激をして活きながら最良の策を選択する。お互いに成長する唯一の方法かな。努力のやり方は「独りではしないこと」が鉄則ですね。ただ、無策で人とかかわると浮くので、策はある程度用意しておくこと。それが他人と協力するうえでの最低限の準備策、ですね。


武智 剛

武智 剛 | JUSETZマーケティング株式会社 代表取締役

1980年7月大阪生まれ。茨木高等学校、神戸大学経営学部卒業。大学在学中には株式投資を実践するも自分には不向きと判断。経営学を学ぶ中で、営業は一生モノのスキルになると感じ、某大手住宅資材メーカーの営業マンの道に。営業に没頭する日々の中、資産家の方から投資用不動産の建築の仕事を大量に受注し、リーマンショックの乗り切り方も目の前で体験。それ以来不動産投資の魅力を忘れられず、独立。独立後2年で家賃収入約3000万円、3年半で1億円を達成。この経験と実績に基づき、同じような思いを持つ30代から50代のサラリーマンを不動産オーナーに育てることに情熱を注いでいる。

執筆者の記事一覧

このページのトップへ戻る

メニュー