大家2年目の会

未分類

病院嫌い

極端な生活をすると、人間の限界、というものが感じられます。最近では私は睡眠時間を酷使して、今までにないほどの人たちと短期間で交流を持って、色々打合せや指導をしていただいたり、逆に指導をさせていただいたり、ということを密にさせていただきました。

仕事の面ではそれは素晴らしいリターンがかえってきますよね。働いているから。めっちゃ働いているから。一方で体は、頭は、実はきしんでいたようですね。そういう状態になっていることに気付くのに、おそらく3ヶ月くらいは逸してしまっていたと思います。というか休めなかった。重要な時だったから。

というわけで今はみんながそれぞれ頑張ってくれている、ので私はゆっくり休んだわけですが、ほんと、睡眠は最良の薬です。体や頭の悪いところ、全部浄化してくれました。

私はよく、頭頂部に意識を集中して、足のつま先までをゆっくりCTスキャンをとるようなイメージで、体のどこかが調子が悪くなっていないかの自己チェックを行っているのですが、実はこの3カ月はそれが機能していませんでした。まず意識が集中して頭に向かわない。だからつま先まで当然ですが意識を運べない。という感じですね。

それが今ではびゅんびゅんスキャンできる。もちろんどこかが痛いわけでもなく、非常に快調です。体は資本と言いますが、まずは頭脳が最重要。そして体の部位がちゃんと機能しているのか。

毎日定期的にチェックを行ってみてくださいね。

病院嫌いの武智でした。


武智 剛

武智 剛 | JUSETZマーケティング株式会社 代表取締役

1980年7月大阪生まれ。茨木高等学校、神戸大学経営学部卒業。大学在学中には株式投資を実践するも自分には不向きと判断。経営学を学ぶ中で、営業は一生モノのスキルになると感じ、某大手住宅資材メーカーの営業マンの道に。営業に没頭する日々の中、資産家の方から投資用不動産の建築の仕事を大量に受注し、リーマンショックの乗り切り方も目の前で体験。それ以来不動産投資の魅力を忘れられず、独立。独立後2年で家賃収入約3000万円、3年半で1億円を達成。この経験と実績に基づき、同じような思いを持つ30代から50代のサラリーマンを不動産オーナーに育てることに情熱を注いでいる。

執筆者の記事一覧

このページのトップへ戻る

メニュー