大家2年目の会

未分類

営もうとしているのはなんですか?

不動産融資がどんどん絞られてきています。兵庫県下の金融機関が難色を示しだしていますね。でも弊社はその兵庫県下の金融機関において融資付をしてもらい購入していたりします。これはいったいどういうロジックなのか?

弊社は不動産大家業を営んでいます。
ちゃんとした業を営んでいるんですね。不動産投資業をしているわけではありません。投資業とは聞こえはいいですが、要するに買った不動産が将来値上がりしないと儲からない、そしてその値上がりがするかどうかは神のみぞ知る、というギャンブルの要素が満載なわけです。そういう業を営む人に金融機関は融資を規制していっているわけです。

もしあなたが、不動産を購入し家賃を確保したいのだ、ということなら積極的に不動産大家業であることをアピールしてもらった方がいいと思います。言葉遣いを間違って、不動産投資業、っていっちゃうとかなり印象は悪いですね。後でフォローしても、です。

私も昔はそれがわからなくて、苦労したものですが、金融機関の立場に立って考えると、至極まっとうなことであると、今になって良くわかるようになりました。

皆さんが営もうとしているのは、不動産投資業ですか?
不動産「大家業」ですか?

まっとうに大家業をしたいかたは 大家2年目の会 にお越しいただくと最短ルートで大家業に入れると思いますよ。


武智 剛

武智 剛 | JUSETZマーケティング株式会社 代表取締役

1980年7月大阪生まれ。茨木高等学校、神戸大学経営学部卒業。大学在学中には株式投資を実践するも自分には不向きと判断。経営学を学ぶ中で、営業は一生モノのスキルになると感じ、某大手住宅資材メーカーの営業マンの道に。営業に没頭する日々の中、資産家の方から投資用不動産の建築の仕事を大量に受注し、リーマンショックの乗り切り方も目の前で体験。それ以来不動産投資の魅力を忘れられず、独立。独立後2年で家賃収入約3000万円、3年半で1億円を達成。この経験と実績に基づき、同じような思いを持つ30代から50代のサラリーマンを不動産オーナーに育てることに情熱を注いでいる。

執筆者の記事一覧

このページのトップへ戻る

メニュー