大家2年目の会

未分類

ゾーンのちがい

キャッシュフロークワドラントのゾーンの違いはとても大事な考え方です。あなたがサラリーマンだったり、年商10億円未満の社長さんだったりされるのなら、特にクワドラントという考え方は身に付けておく必要があります。これはスキルとは全く違う次元での知識です。

いや、振る舞いか。

大家2年目の会ではよく講師の先生たちと、セミナー実演練習をやるのですが、クワドラントってわかっているようで、なかなか実行には移せないんだなぁ、と思われる場面があります。私も、先生たちも当然ですが、元E,Sゾーンの人間であり、労働収入をメインとして稼いできて、それで生活をしてきました。不動産大家業はBゾーンとの位置づけで、大家2年目の会では当然みんながそこにいくのだ!という信念のもと努力しているしそうなるようにみんなに講師も刺激をあたえているのですが、指導してる私たち自身が、たまにあれ?いまSゾーンぽいことしゃべった?とかEゾーンに戻りたいなぁ、なんて感じた?みたいに昔の自分のゾーンに引っ張られるときがあるのですね。人に教えれば教えるほど、どんどんBゾーンのむずかしさに気付くんですね。

決して稼ぐのが難しいのではないのですよ。だけど 癖が抜けないんですね、E,Sのときの。だから思考がマイナス思考になりますね。Bゾーンの時はマイナス思考に全くなりませんから。

われわれ先生自身も、昔の自分の呪縛に引っ張られながら賢明にゾーンを変えようとしています。皆さんも私たちに負けず、さくっとBゾーンに行ってみてください。

とりあえずは資産10億円を築きましょう。悩まずに到達できる人も中にはいるでしょうから。そういう人はもともと思考がBゾーンなんでしょうけれどね。


武智 剛

武智 剛 | JUSETZマーケティング株式会社 代表取締役

1980年7月大阪生まれ。茨木高等学校、神戸大学経営学部卒業。大学在学中には株式投資を実践するも自分には不向きと判断。経営学を学ぶ中で、営業は一生モノのスキルになると感じ、某大手住宅資材メーカーの営業マンの道に。営業に没頭する日々の中、資産家の方から投資用不動産の建築の仕事を大量に受注し、リーマンショックの乗り切り方も目の前で体験。それ以来不動産投資の魅力を忘れられず、独立。独立後2年で家賃収入約3000万円、3年半で1億円を達成。この経験と実績に基づき、同じような思いを持つ30代から50代のサラリーマンを不動産オーナーに育てることに情熱を注いでいる。

執筆者の記事一覧

このページのトップへ戻る

メニュー