大家2年目の会

未分類

兵庫県知事認定取得企業になりました

弊社9月13日付で、兵庫県知事認定取得企業になりました。経営革新という賞状を頂いております。だから何が変わるのか?と言われるとまぁ大して変わらないわけですが実はバックボーンが変わります。主には金融機関と財団法人とマスコミが弊社に取り巻く環境がより有利になっていくのだとおもいます。いや、有利になるように持っていかないといけないなぁと思います。

即効性があるのかと問われるととくには無いのが人に説明しづらいところですが、取っておくと後々たくさんのチャンスがあると思っています。弊社はこれからより多くのステークホルダーの方と仕事の取り組みをしていきます。そのためには認定企業というものはあると役に立つでしょう。

一方で弊社のこの経営革新を取るために尽力したのは弊社の小泉さん(27歳)です。経営革新を取るためには、良くわからない資料を創り込む必要があります。普通中小企業だとその資料を創るのは社長か、財務をやっている方、というのが相場ですが、弊社の場合は、新卒3年目の子が頑張ったわけです。この通常では絶対にやらせないようなチャンスを彼はしっかりとゲットしやりきったのですね。明らかに戦略理解と人前でプレゼンをするという能力と、準備をする、という意識はしっかりついたことかと思います。受賞後に彼の眼は輝いていました。

往々にして会社に居続けると、いつの間にか年を取り、チャンスをそんなに与えられなくなってきます。そうなるとあなたのビジネス賞味期限は間近なのかもしれません。人生に刺激と潤いがあれば、いくつになっても輝いた目をすることができるでしょう。そうでなければ、あなたでなくてもいい仕事をいつまでもしているのかもしれません。

楽しんで仕事に取り組む。楽しい仕事であっても収益を生む。継続的収入を発生させる資産を創り、歳をとるごとに楽をする。そんな素敵な仕事が不動産大家業であると思います。

そのために今、考え方を変えるきっかけを弊社の無料セミナーで気づいてもらえたら幸いです。大家2年目の会のメンバーはみんなの目が輝いていますよ。それが私の自慢ですね。

 


武智 剛

武智 剛 | JUSETZマーケティング株式会社 代表取締役

1980年7月大阪生まれ。茨木高等学校、神戸大学経営学部卒業。大学在学中には株式投資を実践するも自分には不向きと判断。経営学を学ぶ中で、営業は一生モノのスキルになると感じ、某大手住宅資材メーカーの営業マンの道に。営業に没頭する日々の中、資産家の方から投資用不動産の建築の仕事を大量に受注し、リーマンショックの乗り切り方も目の前で体験。それ以来不動産投資の魅力を忘れられず、独立。独立後2年で家賃収入約3000万円、3年半で1億円を達成。この経験と実績に基づき、同じような思いを持つ30代から50代のサラリーマンを不動産オーナーに育てることに情熱を注いでいる。

執筆者の記事一覧

このページのトップへ戻る

メニュー