大家2年目の会

未分類

ボーナスタイム終了

大家2年目の会でもどこの会でも、不動産屋の薦める物件でも、一緒ですが不動産を買い進めれば、手元資金はあっという間に枯渇してしまうでしょう。かなり金融庁の指導が入っている不動産融資において、手元資金が枯渇している人向けに、オーバーローンで巻き直すような、恐ろしい業者は廃業していくと思います。いや、摘発されるかもしれませんね。下手したら逮捕ですね。

という時代になると手元にお金が必要になります。もう貯金が無い人が参加できるボーナスタイムは終わりました。あとは金持ちたちがたしなむビジネス、に不動産大家業はなってしまった、ということです。

では大家2年目の会に参加される方は金持ちばかりなのか?というとほとんどの方はそうではありません。私も全然金持ちの出ではないわけで一生懸命成りあがろうと努力しております。そういう方向けに大家2年目の会は理念を持っており、そのためには一緒に成長をするんだ、という仲間の意識を非常に重視して取り組んでおります。チームプレイですね。チームプレイなんだけれども、個々人の収益も育てていく、といういやチームで取り組む方が個々人の収益も伸びやすい、という摩訶不思議なカリキュラムです。だから、これから融資規制が敷かれていけばいくほど、弊社にはそういう人たちが集まってきてしまうのだろうなぁ、と思います。

他では不動産を買えないけれど大家2年目の会では不動産が買えていく。
なんで?って言う感じでしょうか。
じわじわ大家2年目の会の影響力が投資用不動産業界には影響を及ぼすでしょうね。

楽しみです。

 


武智 剛

武智 剛 | JUSETZマーケティング株式会社 代表取締役

1980年7月大阪生まれ。茨木高等学校、神戸大学経営学部卒業。大学在学中には株式投資を実践するも自分には不向きと判断。経営学を学ぶ中で、営業は一生モノのスキルになると感じ、某大手住宅資材メーカーの営業マンの道に。営業に没頭する日々の中、資産家の方から投資用不動産の建築の仕事を大量に受注し、リーマンショックの乗り切り方も目の前で体験。それ以来不動産投資の魅力を忘れられず、独立。独立後2年で家賃収入約3000万円、3年半で1億円を達成。この経験と実績に基づき、同じような思いを持つ30代から50代のサラリーマンを不動産オーナーに育てることに情熱を注いでいる。

執筆者の記事一覧

このページのトップへ戻る

メニュー