大家2年目の会

未分類

どうして実績が…??

どうして実績がある人には融資が付いてどんどん不動産が買えていくのか?
どうして実績ある人に金融機関を紹介してもらうと融資が付きやすいのか?

それは単純に実績=信頼=ブランドになっているから、ということもあります。
ですが、それは不動産大家業に関していうと、実績ある方が不動産を持つとその不動産はよりよくする方法を知っている、もしくは見つけ出すことができる、と金融機関も不動産屋さんも信じているから、と言えるでしょう。そしてその信じていることは往々にして当たります。要するにどんな不良物件と言われるものでも、持つべき人が持つと収益物件に生まれ変わるんですよね。これがビジネスの面白いところ。

不動産大家業になりたい人ができないことですね。不動産大家業はビジネスを営む覚悟が無い人がやると失敗します。そういう人はキャッシュでやればいいと思いますし資産を2億も持たない方が良いでしょうね。それ以上持つと業として取り組まざるを得ない、というのが実際です。収益性を高めることもできないでしょうから、建物の劣化と共に収益は下がります。

今後もなんら自分の力で対策を打つこともできないから金融機関はあなたをビジネスをしている人として認識できないので融資が付きにくいです。そしてそういう人を実績ある人が、金融機関に推薦することもありません。だってメンツがつぶれるから。

こうやって不動産がどんどん買える人と買えない人とが分かれていきます。今まではスルガ銀行さんとかのおかげでそういう人たちでもいっしょくたに不動産が買えたのですが、これからはちゃんと判別してくれると思います。良い時代になりました。

今からでも構いません、あなたもちゃんと不動産大家業をやってみてはいかがですか?

 


武智 剛

武智 剛 | JUSETZマーケティング株式会社 代表取締役

1980年7月大阪生まれ。茨木高等学校、神戸大学経営学部卒業。大学在学中には株式投資を実践するも自分には不向きと判断。経営学を学ぶ中で、営業は一生モノのスキルになると感じ、某大手住宅資材メーカーの営業マンの道に。営業に没頭する日々の中、資産家の方から投資用不動産の建築の仕事を大量に受注し、リーマンショックの乗り切り方も目の前で体験。それ以来不動産投資の魅力を忘れられず、独立。独立後2年で家賃収入約3000万円、3年半で1億円を達成。この経験と実績に基づき、同じような思いを持つ30代から50代のサラリーマンを不動産オーナーに育てることに情熱を注いでいる。

執筆者の記事一覧

このページのトップへ戻る

メニュー