大家2年目の会

未分類

どこから捻出していますか?

不動産大家業をやっているとあんまりお金が出ていくことも入っていくことも投資した金額の割合的にはあんまり大きくは無いと思います。初心者の方だと最初はそんなに大きな不動産を買われないこともおおいのでもし何らかのトラブルが発生しても自分のサラリーの方から捻出する人が多いと思います。空き家になって、返済だけを返さなければならないときでもサラリーから補てんする人が多いですね。それは当然そうなので、そこは気合でサラリーから捻出してください。

そうはいっても、大きな不動産を購入しないと資産は増えないのでちょっと、投資がうまくいった経験をした人は、大きな不動産を買い進んでいくパターンが多いです。

そこが実は問題ありでして、金額が大きくなると、自分のサラリーで補えきれないような金額が準備金として必要になってきます。ましてや買い進めていくとなると、どんどん手元キャッシュは減っていきます。

そういう時のために、金融機関は色々と融資を用意してくれているのですがこれを使いこなせれば安定経営です。さぁあなたも一緒に勉強しておきましょう~

 


武智 剛

武智 剛 | JUSETZマーケティング株式会社 代表取締役

1980年7月大阪生まれ。茨木高等学校、神戸大学経営学部卒業。大学在学中には株式投資を実践するも自分には不向きと判断。経営学を学ぶ中で、営業は一生モノのスキルになると感じ、某大手住宅資材メーカーの営業マンの道に。営業に没頭する日々の中、資産家の方から投資用不動産の建築の仕事を大量に受注し、リーマンショックの乗り切り方も目の前で体験。それ以来不動産投資の魅力を忘れられず、独立。独立後2年で家賃収入約3000万円、3年半で1億円を達成。この経験と実績に基づき、同じような思いを持つ30代から50代のサラリーマンを不動産オーナーに育てることに情熱を注いでいる。

執筆者の記事一覧

このページのトップへ戻る

メニュー