大家2年目の会

未分類

人生は仕事の塊

人生は仕事の塊です。人生から仕事を取ったら、もう社会から必要とされていない気がします。だから私は働きます。働き続けます。人から見たら、働きすぎちゃうんとか思われるかもしれませんし、そのうち、それって仕事なん?あそびちゃうの?というようなことを一生懸命やっているかもしれません。

今は私は前者の方で、大抵のサラリーマンの方の3倍くらいは働いていると思います。当然ですが稼いでいます。稼いで分かったことがありますが、稼ぐためには、仕組みを作っておく必要がありますね。

仕組みというのは言うのは簡単ですが実現するのがめちゃくちゃ困難、であるというのが最近の私の感覚。達成してみたら、人から見たら、これくらい簡単なんちやうんかな?と思うかも知れませんが、当の本人たちはめっちゃしんどかったりします。

たとえば最近では弊社のキャンピングカートラベルハウスがついに完全版カタログが完成しました。わずか20ページのカタログですが、作るのに4か月はかかってると思います。

このカタログがあるといったいどうなるのか?今までカタログを使わずに商品を買った経験をあなたはしたことがありますでしょうか?あるとするならほぼ実物を見て、の購入ではないでしょうか?

実物を見てしか商品が買えないのなら、それは仕組みで言えばスムースではない状態ですよね。そのものを見に行かないといけないわけだから、物理的制約が発生しますから。でもそこにカタログがあればどうなるか?実物を見ずともかなり商品を理解できますね。かなり買いやすくなるでしょう。そういう「今あなたが当たり前でしょ?」と思っているようなツールの一つ一つを創っていくというのは、非常に時間がかかりますし、見かけ以上に多大な力を時間を必要とします。

今から不動産投資家を始めるあなたは、多大な馬力と、時間を必要とすることでしょう。だけれどもそういうしんどい部分をある程度先輩たちが地ならししてくれています。そういう先輩たちが踏み固めた地面をさら~~っと走って駆け抜けていってください。そのために私たち講師陣は皆さんのために努力をしていますので。


武智 剛

武智 剛 | JUSETZマーケティング株式会社 代表取締役

1980年7月大阪生まれ。茨木高等学校、神戸大学経営学部卒業。大学在学中には株式投資を実践するも自分には不向きと判断。経営学を学ぶ中で、営業は一生モノのスキルになると感じ、某大手住宅資材メーカーの営業マンの道に。営業に没頭する日々の中、資産家の方から投資用不動産の建築の仕事を大量に受注し、リーマンショックの乗り切り方も目の前で体験。それ以来不動産投資の魅力を忘れられず、独立。独立後2年で家賃収入約3000万円、3年半で1億円を達成。この経験と実績に基づき、同じような思いを持つ30代から50代のサラリーマンを不動産オーナーに育てることに情熱を注いでいる。

執筆者の記事一覧

このページのトップへ戻る

メニュー