大家2年目の会

未分類

Bゾーンの仕事

電話問い合わせのフローを考える。

忙しい忙しいと、仕事ばかりをしているつもりでしたが、それはSゾーンの仕事が忙しいだけで、B、Iゾーンの仕事をしていかないといけないなぁと思っています。ただ、私がやってるSゾーンの仕事がうまい事細分化できていないのが問題なんですよね。。。どうやって仕組み変えようかなぁ。。。

ただ、基本的には既にSゾーンの仕事の割合を50%未満には減らせているのでかなりBゾーン、Iゾーンの仕事に時間的には注力できるようになってきています。

Bゾーンの仕事のメインは今のところ、教育、です。自分が今までやっていたSゾーンの仕事の中核部分をいかに独創性を交えて受け止めてもらい、昇華するか。またSゾーンの仕事を進めて、新しいSゾーンの仕事に移行したうえで、自分以外の人に創出していってもらうか。そういうことに時間を割いています。

人に任せる、人を育てる、と簡単に書いてはいますが、なかなか時間もかかるしそもそも人選を間違ったりもするし、当然修正をしていかないといけなかったりもします。最初はうまく引き継げても、その後の当人同士の努力量が足りないせいで、上手く昇華できず、プロジェクトが停滞する、ということも多々発生しています。

そういう問題をばくっとくるめて、Bゾーンの仕事、なんだと思って取り組んでおります。ベクトル自体は間違っていないので、後はスキルと努力量と配慮の問題ですね。

そうやって日々仕事を変えていっています。そのうちSゾーンの仕事を劇的に変えていこうとも思ってますが、収益基盤がもっともっといろいろなところで創りだせてから、の話だと考えています。


武智 剛

武智 剛 | JUSETZマーケティング株式会社 代表取締役

1980年7月大阪生まれ。茨木高等学校、神戸大学経営学部卒業。大学在学中には株式投資を実践するも自分には不向きと判断。経営学を学ぶ中で、営業は一生モノのスキルになると感じ、某大手住宅資材メーカーの営業マンの道に。営業に没頭する日々の中、資産家の方から投資用不動産の建築の仕事を大量に受注し、リーマンショックの乗り切り方も目の前で体験。それ以来不動産投資の魅力を忘れられず、独立。独立後2年で家賃収入約3000万円、3年半で1億円を達成。この経験と実績に基づき、同じような思いを持つ30代から50代のサラリーマンを不動産オーナーに育てることに情熱を注いでいる。

執筆者の記事一覧

このページのトップへ戻る

メニュー