大家2年目の会

未分類

人に与える

地道にセミナーを積み重ねてきて、色々わかりました。Bゾーンの本質は、人に与える、ということだと。まずはリスクを自分が取って、他人にメリットを渡してやる。これができないとBゾーンには到達できないのかもしれません。いや、到達はできるのかもしれませんが、人間的に尊敬できない人になり、何のために金もうけをしようと考えたのか、良くわからないような状況になりそうな気がします。

すごく言葉は悪いけど、自分だけのための満足のためにお金を稼ぐと稼げるかもしれないけれど、後々後悔するようなことが多い気がします、たとえば、信用できる人、ゼロ人とか、人を罵倒するような見下すような人間になったりとか、他人の欠点のみ指摘するような口うるさい人とか、子供はかわいいけれど全然子供から尊敬されていない親になっていたりとか、何かそういう人になりそうな気がしますね。

人に与えるって本当に勇気がいるし、リスクも多くて不安もたくさんまとわりついてきますが、そういう恐怖を振り切って到達していく必要がどこかしらに出てくるのだと思います。そのやり方も私はわかってきました。

最近では、年収1000万円程度のお金儲けで良いのなら、30代のサラリーマンなら誰でも行くんじゃないか?と思っているくらいです。恐ろしい時代です。誰もが年収1000万円、て。ベーシックインカムとか不要やん。(脱線しますが、ベーシックインカムって見方によっては、国民総乞食、みたいなものですね。金持ちが貧乏人を縛るための制度のような気がしてきてますので、最近は私はあんまり設定して欲しくないなぁと思いだしています、がそのうちベーシックインカムを導入派に廻るかもしれません。私もお金持ちの方の思考が強くなりつつあるので。)

とりあえず年収1000万、だけど年収1000万円の延長に年収2500万円は無いのが悲しいところですね。工夫次第で、何とかなりますが、回り道をしないといけなくなります。最短で収入を増やす方法、セミナーで教えてますよ~


武智 剛

武智 剛 | JUSETZマーケティング株式会社 代表取締役

1980年7月大阪生まれ。茨木高等学校、神戸大学経営学部卒業。大学在学中には株式投資を実践するも自分には不向きと判断。経営学を学ぶ中で、営業は一生モノのスキルになると感じ、某大手住宅資材メーカーの営業マンの道に。営業に没頭する日々の中、資産家の方から投資用不動産の建築の仕事を大量に受注し、リーマンショックの乗り切り方も目の前で体験。それ以来不動産投資の魅力を忘れられず、独立。独立後2年で家賃収入約3000万円、3年半で1億円を達成。この経験と実績に基づき、同じような思いを持つ30代から50代のサラリーマンを不動産オーナーに育てることに情熱を注いでいる。

執筆者の記事一覧

このページのトップへ戻る

メニュー