大家2年目の会

未分類

台風被害

先週の台風すごかったですね。
これだけ派手に台風がくると、大家の皆さんは一時的に混乱こそするとは思いますが、めっちゃ保険金もらえるんじゃないですかね。弊社にも台風被害の修繕の依頼がめっちゃ来てました。

おそらく弊社には台風通過による建築ミニバブルが発生すると思います。とはいってもあまり喜べませんけどね。特需は経常利益を誤認させる変なアラートにもなるからです。それに他の工事の現場の足止めを食うことにもなるので物件の収益化が遅れます。だからトータルで見たらゼロサムなんですが、保険をかけていなかったらマイナスしかないので、みなさんしっかり火災保険等には入っておきましょうね。

火災保険に入っておくべきポイントは大きく3つです。

1つは新価です。これで入ってなければあんまり火災保険の意味は無いですね。ちゃんと約款を見て新価なのか、確認をお勧めします。ちなみに約款には新価とは書かれていないかもしれませんので、ちゃんと読み解いてくださいませ。

2つ目はどこまでの事故に対応できるのか?ということです。保険会社は責任逃れがうまいので、事故の定義がどうなっているのかをしっかりと理解しておく必要があります。ちなみに保険担当者も良く理解していないことがあるので読み解き方が難しいですね。練習です。

3つ目は。。。過去のブログに書いたかもしれませんね。
探し出して読んでみてくださいね~(笑


武智 剛

武智 剛 | JUSETZマーケティング株式会社 代表取締役

1980年7月大阪生まれ。茨木高等学校、神戸大学経営学部卒業。大学在学中には株式投資を実践するも自分には不向きと判断。経営学を学ぶ中で、営業は一生モノのスキルになると感じ、某大手住宅資材メーカーの営業マンの道に。営業に没頭する日々の中、資産家の方から投資用不動産の建築の仕事を大量に受注し、リーマンショックの乗り切り方も目の前で体験。それ以来不動産投資の魅力を忘れられず、独立。独立後2年で家賃収入約3000万円、3年半で1億円を達成。この経験と実績に基づき、同じような思いを持つ30代から50代のサラリーマンを不動産オーナーに育てることに情熱を注いでいる。

執筆者の記事一覧

このページのトップへ戻る

メニュー