大家2年目の会

未分類

久しぶりにセミナーに参加してきました

久しぶりにセミナーに参加してきました。
元グーグルの社員の方のコンサルタント会社のセミナーでした。非常にためになりました。

その内容をシェアしておきたいと思います。特に中小企業の社長様、役に立つと思います。

まず、中小企業こそ、大義を持つべきである、ということ。
中小企業は思想設計が中小企業、だから結果も中小企業だ、ということらしいです。同じようなことを先日ヤフーニュースでも稲森和夫さんのインタビューで載ってましたね。どうして大義を持つべきか?それは仲間を増やす必要があるから、ということ。仲間とはお客様や仕入れ先、社員も含めたみんなですが、特にここでは言われませんでしたがアンバサダー(応援者)が重要なんだと思いました。アンバサダーは顧客かもしれませんし、社員かもしれませんし、仕入れ先かもしれません。もしくは全然関係の無い人かもしれない。

でも応援は誰でもどのポジションでもできることだから、応援者を企業は捕まえなければならない、ということです。昔のマーケティングの言葉でいうなら、バイラルマーケティングをしなさい、ということです。バイラルマーケティングとは紹介制度で集客する、ということですね。メリットは短期間でコストを低く集客することが可能。究極がフリーミアムの制度に仕事を創り替えること、ということでしょうか。

弊社のビジネスモデルで、フリーミアムのビジネスモデルは大家2年目の会のみです。こちらは無料セミナーを随時行っていますし、私のブログを読めばわかる人はわかるし、できる人はできるようになると思います。

ただ、早く確実に大きく、していきたいのなら、大家2年目の会に加入された方が圧倒的に安心して進めると思います。しかも、大家2年目の会の場合、コスト負担がそんなになく、あとはあなたが成功するまでコストがかからない設計。こんな不動産投資販売会社はあり得ないでしょうね。

あなたが儲かると大家2年目の会も儲かる。
だから一生懸命みんなで成長していける。
それが結果一番みんなのリターンの総和が大きくなる、という算段です。だから安くサービスを提供できるわけです。

大家2年目の会は弊社にとってはコストダダ流しの最悪の事業状態ですがそれでよいのです。そういうビジネスモデル。弊社が上場するとできないビジネスモデルかもしれませんね(笑


武智 剛

武智 剛 | JUSETZマーケティング株式会社 代表取締役

1980年7月大阪生まれ。茨木高等学校、神戸大学経営学部卒業。大学在学中には株式投資を実践するも自分には不向きと判断。経営学を学ぶ中で、営業は一生モノのスキルになると感じ、某大手住宅資材メーカーの営業マンの道に。営業に没頭する日々の中、資産家の方から投資用不動産の建築の仕事を大量に受注し、リーマンショックの乗り切り方も目の前で体験。それ以来不動産投資の魅力を忘れられず、独立。独立後2年で家賃収入約3000万円、3年半で1億円を達成。この経験と実績に基づき、同じような思いを持つ30代から50代のサラリーマンを不動産オーナーに育てることに情熱を注いでいる。

執筆者の記事一覧

このページのトップへ戻る

メニュー