大家2年目の会

未分類

人事革命

中小企業は革命を起こしやすい。それはピラミッド構造になっていないから。ピラミッドはエジプトの墓場であり、ピラミッド構造の最下層に居る社員さんたちは、ゾンビと一緒である、ということらしい。大企業ではなんとなく想像できそうですね。

新しいことをしたら怒られる。そういう文化が大企業にはあると思います。アメリカでも当然そういう文化は合ったのですが、英語、だったこともあり世界最高峰の頭脳たちが、プログラミングで、世界を変えていっている、だからフォードはテスラに抜かれたし、ハイアットはAirbnbに抜かれていく、ということみたい。異文化の頭脳が、あなたの世界を丸ごと変えていく時代になっていますね。

弊社の事業体でいうと、建築資材の代理店業なので、Amazonとかmonotaroとかが競合になってくるはずなのですが、弊社は実は彼らとは競合にならないように事業体を創っています。だからあんまり動向が気にならないし、むしろ彼らをどうしたら利用できるだろうか?とか考えていたりします。

そんなことができるのは、弊社が超フラット組織であり、身軽な組織だから。これから社員というスタッフも増えるかもしれないけれど特殊な形態での採用が増えるような気がします。

もう日本の雇用制度はグローバルで競争できる仕組みになっていませんね。それに固執してしまうひとは、もっとしんどいかもしれません。

これはあたらしいクワドラントの考え方をEゾーン内で創らなければならなくなった、ということなのでしょうね。

弊社は人事革命を起こしていると最近思います。まぁもともと人事部なんてないので、そういう文化が無いだけですが。こういう取り組みをし続けていかないと、ビジネス自体が続かないよ、とグーグルですら思っているとのこと。

ちなみに、グーグルでは誰でもできるような仕事をするために社員がいるのではなく誰もができない位のハイクオリティーの仕事を、誰もができない位に急いで、取り掛かるらしく、日中めっちゃ汗をかくそうです。急ぎすぎて頭が痛くなるくらいに、せかされるみたい。それをしないと Fired みたいですね。

すごいね、グーグル。


武智 剛

武智 剛 | JUSETZマーケティング株式会社 代表取締役

1980年7月大阪生まれ。茨木高等学校、神戸大学経営学部卒業。大学在学中には株式投資を実践するも自分には不向きと判断。経営学を学ぶ中で、営業は一生モノのスキルになると感じ、某大手住宅資材メーカーの営業マンの道に。営業に没頭する日々の中、資産家の方から投資用不動産の建築の仕事を大量に受注し、リーマンショックの乗り切り方も目の前で体験。それ以来不動産投資の魅力を忘れられず、独立。独立後2年で家賃収入約3000万円、3年半で1億円を達成。この経験と実績に基づき、同じような思いを持つ30代から50代のサラリーマンを不動産オーナーに育てることに情熱を注いでいる。

執筆者の記事一覧

このページのトップへ戻る

メニュー