大家2年目の会

未分類

実績と経験

会社の規模が急激に大きくなっているので思考構造を再インストールする必要に迫られています。

まずは私が頭脳を入れ替えないといけないのですが、久しぶりにサラリーマン時代に何をしていたのか、そのころの得意先ですごいなぁと思うところは何をしていたのか、と一部上場クラスの会社が当たり前にやっていることをやろうと思います。

というわけで、忘年会(笑)を企画しているのですが、忘年会とあなどるなかれめっちゃ難しいです。まず100名ほど入れる場所、がないですね。それもこんな時期に12月にしようというピークもピークに、一見さんになるかもしれないような、こんな会社をどこも信じてくれないですね。むっず~、とわかりました。小泉さん、ごめんね、頑張ってくれてありがとう~

というわけで大企業が当たり前にやっていたことを中小企業がやろうとするとなかなか当たり前には進まないわけで、何もかもが「実績」が必要ですね。実績と「経験」があれば、次からはある程度成り行きで行けるわけですが、とにもかくにも悩むよりやってしまって、他人に対しては実績を認めてもらい、自分には経験を得る方が大事でしょうね。

これを大家業でやるのなら、普通の人はとりあえず、区分を買うか、ぼろ戸建を買うか、っていう感じで始められると実績と経験が積める、とお思いになるのが普通でしょうかね。

でもこれ、全然経験値になりません。

というか現金かめっちゃ安くで買ってなかったらお荷物以外の何物でもございません。将来あなたがどれだけの資産とキャッシュフローを望むのかはわかりませんが、私たちが目指すのは最低資産10億円で、家賃1億円です。「負債を抱える」と決めた人たちは、セイフティーのレベルにまでいかないと景気に負けるかもしれません。

そうならないように、良い実績と、良い経験を積む必要がありますね。スポーツでたとえるなら、アマチュア健康スポーツをするのか、プロ選手か国体クラスを目指すのか?の違いですね。全くトレーニングの仕方が違うのですね。。。

そういうトレーナーを横に付け、大家業に取り組んでもらえば楽しく楽に、上手くいくことでしょうね。筋トレとかは無いので、大家業は。


武智 剛

武智 剛 | JUSETZマーケティング株式会社 代表取締役

1980年7月大阪生まれ。茨木高等学校、神戸大学経営学部卒業。大学在学中には株式投資を実践するも自分には不向きと判断。経営学を学ぶ中で、営業は一生モノのスキルになると感じ、某大手住宅資材メーカーの営業マンの道に。営業に没頭する日々の中、資産家の方から投資用不動産の建築の仕事を大量に受注し、リーマンショックの乗り切り方も目の前で体験。それ以来不動産投資の魅力を忘れられず、独立。独立後2年で家賃収入約3000万円、3年半で1億円を達成。この経験と実績に基づき、同じような思いを持つ30代から50代のサラリーマンを不動産オーナーに育てることに情熱を注いでいる。

執筆者の記事一覧

このページのトップへ戻る

メニュー